【満員御礼】2020年3月10日(火)マーケティングオートメーション×インサイドセールス ~営業生産性を高めるBtoBマーケティングの取り組み方とは~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご案内

<第1部・株式会社エムエム総研>

効率的な営業組織を目指し、インサイドセールスに取り組む企業が増えています。

しかし、ナーチャリング(顧客育成)の難しさから、
なかなか成果を出すことが出来ていない企業も少なくありません。

今回のセミナーでは、

・取り組みたいが、活動のイメージがついていない
・すでに取り組みを始めているが、なかなか成果を出すことが出来ていない

という方を対象に、ナーチャリングの基礎や、取り組み時のポイントをお伝えします。

<第2部・株式会社ラクス>

ここ数年でメール配信を軸としたマーケティングオートメーション(MAツール)は台頭してきているものの、

・導入したいが実態がわからない
・いざ利用を開始したが上手く活用できていない

という声をよく耳にするようになりました。

本セミナーでは、マーケティングオートメーションの導入時の懸念事項、必要な準備とは?などMAツールを有効活用する際に気をつけるべきポイントを惜しみなくお伝えします。

こんな方におすすめ

・インサイドセールスへの取り組みを検討している方
・インサイドセールスに取り組む中で、ナーチャリングの進め方に悩んでいる方
・マーケティングオートメーションツール(MAツール)の導入検討をしている方
・MAツールを導入したが成果が思うように出ていない方

プログラム

第1部「インサイドセールスに求められる役割と顧客志向のナーチャリングとは」

1.インサイドセールスの活動内容と注目されている背景
2.ナーチャリングの役割とは
3.ナーチャリングに取り組む上でのポイント

株式会社エムエム総研
ビジネストランスフォーメーションDiv.
マーケティングチーム
宮本 昌昂(みやもと まさあき)

2018年エムエム総研に入社。同社が開講するBtoBマーケティングアカデミーにて研修を受けた後、カスタマーサクセスグループに配属。1年目からベンチャー、国内大手/中堅、外資を問わず、インサイドセールスディレクションを行う。
2019年からデマンドセンターグループに異動し、マーケティングを担う。

企業HP: https://www.mmsouken.co.jp/

第2部「MAツールを利活用するための気をつけるべきポイント」

1.MAツール導入のメリットと懸念事項
2.MAツールを有効活用する際に必要な準備とは?
3.まずはここから!配配メールBridgeのご紹介

株式会社ラクス
マーケティング・クラウド事業部
配配メールBridgeプロダクトオーナー
石川 太郎(いしかわ たろう)

2014年にラクスへ入社し、営業としてメールマーケティングサービスを約1000社以上へ運用提案、400社以上へ導入。営業チームリーダーを経て2017年よりマーケティング部門に異動し年間50本以上の共催セミナー/展示会の企画・運営を担う。
現在は配配メールBridgeにおける市場調査・ターゲティング・新機能立案など製品企画に従事している。

企業HP: https://www.rakus.co.jp/

セミナー詳細

【開催日時】
2020年3月10日(火) 10:00~12:00 (9:50より入場可能)
【開催場所】
オンライン開催
【定員】
30名
【参加費】
無料
【主催】
株式会社エムエム総研 / 株式会社ラクス
【注意事項】
・講演の内容が予告なく変更となる場合がありますので予めご了承ください。
・2名以上での参加を希望する場合は、個人単位でお申し込みください。
・同業種・個人のお客様からのご応募はお断りさせていただきます。

セミナー参加申込

ご参加希望の方は下記より参加申込をお願いします。

The following two tabs change content below.

宮坂夏生

2016年に新卒として入社後、メルマガ運用提案に従事し、非訪問のトップセールスとなる。現在はオフラインのマーケティング担当として、セミナーや展示会の企画運営、営業支援を担当。常に何を食べるか考えている。阪神ファン。好きな選手はDeNAの大和。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

お役立ち資料