「配配メール」の特徴や機能をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルラボではメールマーケティングに関する記事やメルマガの作り方に関する記事を紹介してきました。そんな我々がメールマーケティングを実践する上で活用しているサービスは、もちろん弊社が提供している「配配メール」です。配配メールはメルマガ配信などの一斉配信はもちろん、セグメント配信などによるメールマーケティングの実践が可能です。そんな配配メールの特徴や機能、料金や事例などをご紹介いたします。

配配メールが選ばれる理由

配配メールは10年以上の安定したサービス提供により、導入実績も9,000社以上と多くの企業様にご愛顧いただいております。そんな配配メールが選ばれる理由としては、主に以下の5つになります。

・シンプルな機能で使いやすい

・メールマーケティングに特化した機能

・迷惑メールに間違われない取り組み

・細やかなアフターフォロー

・PDCAサイクルを支援する機能

シンプルな機能で使いやすい

配配メールはメール配信に特化したシンプルな構造となっています。メールの配信はもちろん、効果の測定、メールの改善を実践できるように設計されています。そのため、余計な機能を削ぎ落としたシンプルな構造となっており、どなたでも使いやすく、すぐにメール配信を実践できるシステムとなっております。

関連記事はこちら:機能は必要なものだけ

関連記事はこちら:メール配信サービス「配配メール」の機能紹介

メールマーケティングに特化した機能

配配メールではメールマーケティングに特化した機能を備えています。代表的な機能としては、「誰が」配信したメールへ反応したか、Webページに来訪したか、を可視化する機能です。この機能により「顧客の温度感」が分かります。また、顧客の温度感に合わせたメール配信を自動で行うことができるので、営業活動やリードナーチャリングの効率化に役立ちます。

関連記事はこちら:配配メールのメールマーケティングとは?

関連記事はこちら:配配メールで行える「見込み客の見える化」

迷惑メールに間違われない取り組み

数あるメール配信サービスのなかでも、スパム判定を回避するための取り組みに注力しているサービスだと自負しています。多くのメール配信サービスでよく謳われている「高い到達率」は、上述した我々の注力しているスパム判定の回避と同じ意味に捉えられがちですが、厳密にはスパムメールであっても相手の受信サーバーには「到達」するため、スパム判定の回避と高い到達率では意味合いが違います。配配メールはスパムメールと判定されないために、複数IPアドレスによる分散配信とエンジニアによる単一IPからの配信量の調整、エラーアドレスの徹底管理、悪徳業者の排除といった対策を行っています。

関連記事はこちら:スパム判定を回避

関連記事はこちら:メルマガの配信が迷惑メールになる!?ユーザーに嫌がられる原因と対策

細やかなアフターフォロー

配配メールは「お客様のメールマーケティング活動」をサポートします。導入前から専属の営業担当が特徴や機能の紹介はもちろんのこと、他社製品との違いや導入後の運用イメージまで説明します。導入後は初期設定のサポートから、実際の運用改善のご提案まで細部にわたってアフターフォローを行います。また、定期的にお客様向けの機能説明セミナーや、お客様同士でメールマーケティングにおける取り組みや成功/失敗事例などを共有するユーザー会を行い、お客様のメールマーケティングにおける課題解決に取り組んでいます。ユーザー会の様子はメルラボでも紹介しておりますので、以下のリンクからご覧くださいませ。

関連記事はこちら:手厚いアフターフォロー

関連記事はこちら:配配メールのユーザー会

PDCAサイクルを支援する機能

メールマーケティングの成果を高めるためには、定期的に配信を続けるだけではなく、配信をして効果検証を行い、改善点を洗い出した上で配信を行う…というPDCAサイクルを回し続けることが重要となってきます。
しかし、多くの企業では営業や企画担当者が兼任でメール配信・メールマーケティングを担当しており、中々PDCAサイクルを回す稼働が取れないとお悩みの方もいらっしゃいます。
配配メールでは、メール配信・メールマーケティング担当者の皆さまが効率的にラクにPDCAサイクルを回すことができるよう様々な機能を提供しています。

メール閲覧画面や作成画面では、件名や差出人名の部分に開封率を上げるためのコツ、本文の部分にはクリック率を上げるためのコツをガイドとして表示しています。

メール閲覧画面

また、過去配信したメールの中で、開封・クリック・コンバージョン率が高かった上位3つのメールをランキング形式で表示しています。これにより、好成績のメールを簡単に把握することができ、自社のメールマーケティングにおける「勝ちパターン」を見つけやすくなります。

そのほかにも、過去配信したメールを横断して、開封率がもっとも高かった曜日や日時をヒートマップ形式で表示する機能などを提供し、PDCAサイクルを回すお手伝いを行っております。

関連記事はこちら:配配メールのPDCA支援機能

プラン別の特徴や機能

配配メールには全部で4種類のプランがあります。それぞれの特徴と機能をご紹介します。

Bridgeプラン

配配メールのなかで、最もメールマーケティング業務に特化したプランです。見込み客を可視化する機能を持ち、メールマーケティングの勝ちパターンを見つけることができるので、4種類のプランのなかでは1番オススメです。機能としては、メールマーケティングを効率的に行うことのできる6つの機能があります。

関連記事はこちら:メールマーケティング特化プラン「配配メールBridge」

Bridge特有の機能

▼ ホットリード抽出 ▼

メールに反応した見込客をリスト化できる機能 ⇒ 詳細はこちら

▼ トリガーメール ▼

指定したWebページへの来訪顧客に対して自動でメールを送る機能 ⇒ 詳細はこちら

※本機能はCookieを利用しています。

▼ ステータス自動変更 ▼

メール配信後の反応をもとに自動でステータスを変更できる機能 ⇒ 詳細はこちら

▼ シナリオメール ▼

メールの反応ごとにフォロー方法を振り分けられる機能 ⇒ 詳細はこちら

▼来訪通知▼

指定したWebページに顧客が来訪した際に「誰が」来訪したかを通知する機能⇒詳細はこちら

※本機能はCookieを利用しています。

▼メモリー配信▼

顧客がメールを開封した時間に合わせて自動で配信時間を調整する機能⇒詳細はこちら

Standardプラン

メールマーケティングをはじめて実践する企業様に適しており、最もポピュラーなプランです。機能としては、ステップメールやABテスト、Google Analytics連携など、これからメールマーケティングを行うにはぴったりの機能が揃っています。

関連記事はこちら:メルマガだけではない配配メールのメールマーケティングとは?

代表的な機能

▼ ステップメール ▼

特定のタイミングを起点として、シナリオに沿ったフォローメールを自動で配信する機能 ⇒ 詳細はこちら

▼ ABテスト ▼

メールを2つのパターンで自動的に送り分け、開封やクリックの比較テストを行う機能 ⇒ 詳細はこちら

▼ Google Analytics連携 ▼

Google Analyticsと連携し、メール経由のコンバージョンを測定する機能 ⇒ 詳細はこちら

※Google Analytics™ サービスは Google LLC の商標です。
※Googleアナリティクス側の設定や操作方法については当社ではサポートできませんので、ご留意ください。

▼コンバージョン計測機能▼

配信したメール経由で「誰が」コンバージョンしたのかまで特定することができます。⇒ 詳細はこちら

Premiumプラン

PremiumプランはStandardプランの機能に加えて、複数部署や拠点など、組織単位でのメールマーケティングの実践に適したプランとなります。そのため、Standardプランではアカウント発行数が3ユーザーまでですが、Premiumプランでは10ユーザーのアカウント発行が可能となります。

Lightプラン

周知メールや社内報などのシンプルな一斉メール配信を行える機能が揃っているプランです。

配配メールの料金

配配メールは登録しているメールアドレス数に応じた料金体系となっております。そのため、月に何回メールを配信しても月額の料金は増加しません。

月額費用の部分が上述の登録しているメールアドレス数に応じて変動します。詳しくは以下までお問い合わせください。

「配配メール」の料金体系

配配メールの事例

最後にこれまで解説した配配メールの特徴と機能を活用した導入事例をご紹介します。

ACEHIGH様

「SAISON DE PAPILLON(セゾン ド パピヨン)」や「DRESS STAR(ドレス スター)」といったアパレルブランドを展開されている株式会社ACEHIGH様。元々メール配信を行っており、配信時間を変えたり色々試行錯誤していたものの、開封率やコンバージョン率が上がらないという課題をお持ちでした。メールマーケティングにおけるKPIを向上させ、さらなるコンバージョン獲得を目的に配配メールを導入いただきました。その結果、開封率は15%から20%前後に上昇。コンバージョンに関しては、メール1通につき平均3.4件だったのが、6.8件と約2倍になりました。そんなACEHIGH様の課題を解決した配配メールの機能は以下になります。

関連記事はこちら:株式会社ACEHIGH様の導入事例

自動で顧客ごとの最適なタイミングに配信してくれるメモリー配信機能

メモリー配信機能とは顧客の前回の開封時間に合わせて自動でメールを配信する機能です。これにより、顧客ごとの開封時間を把握するといった作業をなくし、効率的に「最適なタイミング」でメール配信を行うことができる機能です。

イメージ

このメモリー配信機能を活用することで、これまで平均15%前後だった開封率が20%前後までに向上し、現在も20%以上をキープできております。また開封率が向上したことで、開封数も増加しており、それに伴いクリック数、CV数も増加しました。CV数に関しては1回のメルマガ配信で平均3.4件だったのが6.8件まで増加しております。CV数の平均を押し上げた要因はメモリー配信による配信時間の最適化だと思いますので、メモリー配信を活用してよかったです。(担当者様談)

関連記事はこちら:顧客ごとの前回開封時間に合わせてメールを自動配信する「メモリー配信」機能

ネオキャリア様

HR Tech、人材、保育・介護、海外・外国人の4つの幅広い事業セグメントで、延べ1万社近くの採用活動を支援してきたネオキャリア様。そんなネオキャリア様の介護事業にて課題となっていた「登録者の掘り起こし」を強化するため、配配メールを導入いただいております。配配メールを活用することで、メール配信から数十件の求人応募を安定的に獲得できるようになったそうです。最終的には月間総内定数の10%が既存応募者の掘り起こしからの内定となり、掘り起こしからの内定獲得単価も通常の1/5と、課題であった「登録者の掘り起こし」を効率的に行われております。そんなネオキャリア様の配信方法としては、以下の通りです。

関連記事はこちら:株式会社ネオキャリア様の導入事例

1メール1コンテンツで配信回数を3倍に

これまでメール1通に対して、コンテンツを3つほど盛り込んでいましたが、配配メールのサポート担当の方から3つのコンテンツをそれぞれ1つのメールに分散させ、既存応募者との接触数を高めましょうと提案いただきました。そこで、3つの特集を3つのメールに分けて、1日1回だった配信回数を1日3回に増加させました。結果として、数ヶ月同じ配信を実施しても開封率は下がることなく、安定した応募数を獲得できるようになりました。さらに、配配メールは月あたりの配信数に制限がないため、このようにメールの配信数を増加させる運用にはぴったりでした。(担当者様談)

関連記事はこちら:配配メールの料金体系

関連記事はこちら:メルマガの作り方を6つのステップで解説

差し込みコードの活用で一斉配信でもOne to Oneメールに

もともと配配メールを導入したころから、都道府県、および資格、経験有無による「セグメント配信」をしようと考えておりました。ただ、どのように実現すればいいのか頭を悩ませていたところ、サポート担当者様から「差し込みコード」を活用すれば実現できるとご提案いただきました。これにより、一斉配信にも関わらず、受信側にはOne to Oneで送っているようなメールを作成することができました。実際に反応率(クリック数 / 開封数 × 100)は12%超えと大きな効果を得られています。(担当者様談)

関連記事はこちら:配配メールの差し込み機能

関連記事はこちら:One to Oneメールで成果の出るメルマガを!具体的な作り方と成功事例

セラヴィリゾート泉郷様

八ヶ岳南麓エリアをはじめ、清里高原、蓼科高原、安曇野、伊豆高原、浜名湖、高山、鳥羽など日本を代表するリゾートエリアでホテル、コテージ宿泊サービスを提供しているセラヴィリゾート泉郷様。そんなセラヴィリゾート泉郷様にて課題となっていた、「メルマガ配信の効果測定」と「HTMLメールの作成」を実施するため、配配メールを導入いただいております。そんなセラヴィリゾート泉郷様の課題を解決した配配メールの機能は以下の通りです。

関連記事はこちら:株式会社セラヴィリゾート泉郷様の導入事例

開封率チェック、クリックカウント

配配メールを活用することで、これまで計測できていなかった開封やクリックのデータを取得できるようになりました。さらに、メルマガ内のどの画像からクリックが多く発生しているのかも管理画面から簡単に確認することができるので、画像の検証ができるようになり運用改善に役立っています。(担当者様談)

関連記事はこちら:配配メールの開封率チェック

関連記事はこちら:配配メールのクリックカウント

HTMLエディタ

配配メールのHTMLエディタ機能については、本当に便利で今までのテキストのみのメールと比べるとメルマガの内容が非常に分かりやすくなりましたし、何よりHTMLタグを直接打ち込む必要がなくHTMLメールを送れるようになり作業時間を大幅に短縮することができました。(担当者様談)

関連記事はこちら:配配メールのHTMLエディタ

関連記事はこちら:HTMLメールとは?特徴や作り方もご紹介


配配メールは、メールマーケティングの実践に最適なメール配信サービスです。選ばれる理由で紹介した4つの理由は、全てはお客様にメールマーケティングで重要な「誰に・何を送るか」を考えることに一番時間をかけてもらいたいからです。このような取り組みを評価いただき、現在では98%の継続利用率を維持しております。営業活動やマーケティングなどの売上面でのお悩みであれば、ぜひ配配メールに一度お問い合わせください。もちろん現在メール配信でお悩みの方も大歓迎です。我々がお客様の悩みを解決する方法を一緒に考えさせていただきます。

The following two tabs change content below.

大塚陽生

広告代理店の営業&ウェブ広告の運用担当として6年間従事し、2019年4月ラクス入社。オンラインマーケティングチームに所属し広告運用や営業メールの運用を担当。メルラボでは、主に自身のメール配信実績をもとにした記事を作成。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

タグで調べる・探す

  • 配配メールバナー