メールの「BCC」とは? マナーや注意点を知らないと、トラブルに繋がる可能性も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールの宛先指定の一つである「BCC」は、使い方を間違えると大きなトラブルに繋がる可能性があります。トラブルを起こさないためにも「BCC」の特徴や使い方、マナー、注意点などを改めておさらいしておきましょう。

メールの「TO(宛先)」「CC」「BCC」の特徴・違い

「TO(宛先)」とは

「TO」にはメールの送信相手のメールアドレスを入力します。

複数名のメールアドレスをTOに指定して送ることもできますが、お互いのメールアドレスが見えても問題ない場合のみに限られます。またビジネスシーンでは、誰に対応・返信をしてほしいのか分かりやすくするため、原則1名のみに絞るのがよいでしょう。

「CC」とは

「CC」は「カーボン・コピー(Carbon Copy)」の略で、日本語では「複写」を意味します。

TO以外の関係者にも情報を共有しておきたいときに使用し、返信は基本的にTOの人がおこないます。ビジネスシーンでCCを使用する際は、メール本文の宛名「〇〇様」の下に「(CC:〇〇様)」と明記しておくとよいでしょう。

なお、CCに指定されたメールアドレスは他の受信者にも表示されるので、TOと同様にお互いにメールアドレスが見えても問題ない場合のみに活用するようにしましょう。

「BCC」とは

「BCC」は「ブラインド・カーボン・コピー(Blind Carbon Copy)」の略で、「見えない複写」を意味します。

こちらもTO以外の関係者に情報を共有しておきたいときに使用しますが、CCとの違いは、BCCで指定されたメールアドレスは他の受信者には見えないという点です。

BCCの使用場面

TOやCC以外の人にもメール内容を知っておいてもらいたいが、他の受信者にその人のメールアドレスを知られてはいけないときや、こっそり共有しておきたいときなどにBCCを使用します。

具体的な使用場面としては、以下のような例が挙げられます。

・お客様宛てのメールを、念のため上司に見せておきたいとき
・確認用として、自分のメールアドレスにも送っておきたいとき
・面識のない複数の相手に、同じ内容のメールを送るとき※

※企業や団体がメールを一斉送信するような場合には、BCCの使用はおすすめできません。BCCを使用した一斉送信のリスクについては後述します。

BCCを含めたメールにおけるマナー

TOやCCに他の人のメールアドレスが記載されており、自分のメールアドレスはBCCに指定されている場合、うっかり「全員に返信」をしてしまうと、本来想定していた返信相手だけでなく、もともとTOやCCに入っていた人にもメールを送信してしまいます。もし、内容が想定した返信相手以外には知られてはいけないものだった場合、信頼関係が崩れてしまう可能性もありますので、返信はしないようにしましょう。

BCCでの一斉配信は危険!

「BCCで指定されたメールアドレスは他の受信者には見えない」という特性を利用し、何百件ものメールアドレスをBCCに入力して一斉配信をおこなっている企業・団体が見受けられます。

しかし、BCCに入力すべきメールアドレスを誤ってCCやTOに入力して送信してしまうリスクがあり、場合によっては取り返しのつかないトラブルに発展することも。

このような宛先の設定ミスによる情報漏洩は、実は頻繁に起こっています。最近では、デジタル庁が報道関係者らにメールを送信する際、BCCに設定するところを誤ってCCに入力し、約400件のメールアドレスが流出したことがありました。

■デジ庁がメールアドレス流出、記者ら400件 BCCとCC取り違え
https://www.asahi.com/articles/ASPCT36MJPCTULFA003.html

こういった情報漏洩のリスクをなくすためには、BCCに大量のメールアドレスを入力して配信するのをやめ、一斉配信に適したメール配信システムを導入するなどの対策を取りましょう。

メルマガ配信・一斉メール配信サービス「配配メール」

配配メール「信頼と実績のメール配信サービス」


BCCを使用した一斉配信には、情報漏洩の他にも、プロバイダやキャリアによる受信ブロックや、サーバーへの負荷がかかることによる送信遅延などさまざまなリスクがあります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事:メールのCCとBCCの違いは?BCCで一斉配信してはいけない7つの理由

The following two tabs change content below.
垣内ちか

垣内ちか

前職ではWebメディアのディレクターを担当。2021年10月にラクスにジョインし、オンラインマーケティングチームにて広告運用やメルラボのコンテンツ作成を行っている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

タグで調べる・探す

お役立ち資料

  • 配配メールバナー