迷惑メール判定されないために知っておくべき知識!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メール配信システムには、効果測定、HTMLメールを簡単に作成することができる機能、グルーピング機能、ステップメールなどメールマーケティングの成果を向上させる便利な機能はたくさんあります。

しかし、成果を発揮させるための前提として、迷惑メール判定にならないための対策を行っておく必要があります。

メールマーケティングにおいては、相手にメールを届けることが何より重要です。せっかくメールを送信しても、送信したメールが「迷惑メール」と判断され、届かなければ意味がありません。

一昔前、メルマガが世間に広く普及されていくとともに、迷惑メールの増加が問題となりました。増えていった迷惑メールの対策として、メール受信者側のセキュリティも強化されていくようになりました。その反面、迷惑メールではない普通のメールも、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうという弊害が出てしまったことにより、正しいメールを迷惑メールと誤認されないための努力、つまり、迷惑メール対策が欠かせないものとなってきたのです。

今回は、迷惑メール判定されないための対策をいくつかご紹介していきたいと思います。

メール配信リストのクリーニングをしましょう!

迷惑メール判定されないためには、メール配信リストを定期的にクリーニングする必要があります。

メール配信を行っていくと、配信リストの中に、時間の経過と共に退職などによってアドレスが無効になってしまったり、登録ミスにより誤ったアドレスが含まれてしまう事があります。これらの不正となってしまったアドレス情報は、当たり前ではありますが、配信エラーの要因になります。
そして、エラーアドレスを含むリストに対して、何度もメール配信を続けると、迷惑メール配信やスパム業者と間違われてしまい、迷惑メールと判定される可能性が高まります。これは、迷惑メール配信を行うスパム業者が、不正に入手したメンテナンスされていないリストを使って配信を行っており、その中には無効なアドレスや古くなり現在では誰も利用していないアドレスが多く含まれているためです。 そのため、配信リストのクリーニングを定期的に行う必要があります。

配信リストのクリーニング方法は、無効なアドレスを発見次第、リストから削除していきましょう。メール配信サービスによっては、配信結果の解析を行い、配信エラーになった理由をメールアドレスごとに解析する機能が付いています。また、エラー〇〇回で強制的に配信リストから除外といった仕組みを持つ機能を活用することで、効率よくクリーニングをすることができます。

メール配信後、エラーになった理由を把握しましょう!

メール配信した際に、エラーで返ってきてしまうケースがありますが、エラーメールといっても原因は様々です。

例えば、そもそも、この世に存在しないアドレスなのか、アドレスの入力ミスなのか、送ったメールのサイズが容量オーバーしているのか等、原因は様々です。
何故、エラーになった原因を把握しなければならないのでしょうか。それは、送る方法を変えることや、アドレスを修正することで、除外しなくて済むアドレスと、除外しなければならないアドレスを判別することができるからです。

また、エラーメールの原因を把握し、メール配信リストをクリーニングすることで、迷惑メール判定されるリスクを抑えることができます。そのため、最初は大まかな理解でも構いませんので、エラーメールの内容を理解していきましょう。

「MAILER-DAEMON」、「Mail Delivery Subsystem」とは何か

「MAILER-DAEMON」、「Mail Delivery Subsystem」とは、送信したメールが何らかの理由でシステムから自動で送り返されてくるエラーメッセージです。

メールを送信するとき、メール配信システムを提供している会社が用意するサーバーと呼ばれるコンピューターを経由し宛先に届きます。

エラーメッセージは、日本語だと文字化けを起こす可能性があるため、基本的には全文英語で送られてきますが、早急に対応が必要になる場面もありますので、以下をぜひ参考にしてみてください。

@の前後が間違っている

@よりも前の部分が間違っている

・User unknown

・Invalid recipient

・Invalid user specified

@よりも後ろの部分が間違っている

・Host unknown

・host not found

対処法

・メールアドレスの再確認、正しいアドレスへ訂正
(文字が抜けていたり、似ている文字を入力していたりする可能性があります。)

送信先のメールボックスの容量に空きがない

・Message size exceeds remaining quota

・over quota

対処法

・メールフォルダの移動、または削除

・メールボックスの拡張

メッセージや添付ファイルの容量オーバーにより、相手がメールを受信することができない

・Message size exceeds maximum value

・Message is too large

対処法

・複数のメールに添付ファイルを分割して送る

・メール本文の文字数を減らす

・添付ファイルを圧縮してメールの情報量を小さくする

相手がPCメールの拒否設定をしている

The error that the other server returned was: 550 Unknown user XXXXX@XXXXXX.XXX

対処法

・受信拒否設定を解除

迷惑メールだと思われてしまうキーワードがあります!

詐欺によく使われるような単語、投資、ギャンブル、お金儲け系の単語、暴力的な単語、犯罪に関わる単語などをメール内や、メールタイトルにつけてしまうと、たとえ内容が詐欺でなくても迷惑メール判定されてしまいます。

なりすまし対策をしましょう!

「SPF」(Sender Policy Framework)

これは、メールの送信元メールアドレスの偽装・なりすましを防止するための技術です。受信者はメールを受信した際に、送信元のDNSサーバーへSPFレコードを要求し、その回答と実際の送信元IPアドレスが一致するか確認することで、送信ドメインの認証を実施します。

SPFについて詳しくはこちらの記事もおすすめです。

関連記事:SPFとは?その役割とSPFレコードの設定方法を知ろう

DKIM(DomainKeys Identified Mail)

これは、電子署名を用いてメールの送信元のドメインを認証する仕組みです。DKIMはメール自体に電子署名を添付するため、先ほどのSPFにまつわる転送メールの課題も解決できます。

SPFやDKIMで署名したメールを送信することで、受信者は「なりすましたメール」を見分けることができるようになります。
そして、常に迷惑メールではない正常なメールを送り続けることで、ドメインの評価が上がり、そのドメインで送られるメールは受信されやすくなります。

まとめ

迷惑メール判定されてしまうと、迷惑メール・スパム業者と間違われてしまい、確実にメールを届けられる可能性が低くなってしまいます。確実にメールを届けるには迷惑メール判定されないための対策が重要です。

メールマーケティングの効果を発揮させるためにも、配信しているメールが、迷惑メールになっていないか、大切なお客様に適切に届けるために一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

髙口千佳

証券会社の営業を経て、2019年ラクスへ入社。現在メールマーケティングの運用提案に従事している。とにかくスポーツ好き。趣味はクロスバイクで東京めぐり。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

お役立ち資料