メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。
あなたのショップは大丈夫?お客様に好まれるメール、4つのポイント (後編)

あなたのショップは大丈夫?お客様に好まれるメール、4つのポイント (後編)

前編に続き、後編ではメールの「本文」「フッター(署名)」についてご紹介します。「本文」にはすごく気を配っているのに、「フッター(署名)」がイマイチ…という、おしいメールをよく目にします。ここでポイントをおさえて、ステキに仕上げてしまいましょう!(今回も2分で読めます!)

◆お客様に好まれる返信メール、4つのチェックポイント
※1と2は前編をご覧ください
1.差出人名
2.件名
3.本文
4.フッター(署名)

3.本文

■ポイント
無数にあるネットショップの中から、あなたのショップへお問合せをしてくれたことに感謝して対応しましょう。また、『おやおや?…これって定型文??』とお客様に伝わってしまうような文面もできれば避けたいところです。

【Good!】

  • きちんとショップ名と担当者名を名乗る
  • お問い合わせをいただいたことへのお礼を記載する
  • 「お客様からのご注文(ご利用、ご連絡など)を心よりお待ちしております」等で終える

(例)
お客様対応_03

【Bad!】

  • ショップ名と担当者名を名乗っていない
  • お問合せに対するお礼がない
  • 違う内容でメールが2通届く(重複対応)
  • メール本文では回答せず、FAQページのURLが貼ってあるだけ
  • 問い合わせ内容にそぐわない定型文で返信してしまう

(例)注文前に問い合わせたのに、注文後の問い合わせへの回答メールが返ってきた…
お客様対応_04

≪番外編≫

さらに他店と違う色を出すには、以下のようなやり方もあります。

  • お客様にお問合せをさせてしまったことに対する、お詫びの一文を添える
  • お問合せいただいた方専用のクーポンコードや優待を案内する
  • お客様の満足する返答ができない場合には、類似商品のURLや開催予定のセール情報などを案内する

4. フッター(署名)

■ポイント
ショップ名、担当者名、住所、連絡先、ショップURL等の基本情報すべてを記載しましょう。すべて記載されていることが当たり前の部分だからこそ、不備があると余計に目についてしまいます。

※中でもショップのURLは必ず記載しましょう。メールを確認したお客様が、商品ページへ移動するために必要です。また、お問合せいただいた商品とは別にイチオシ商品のURLと紹介文を添えている商売上手なショップさんもあります。

【Good!】

以下がすべて揃っていること

  • 店名
  • 担当者名
  • 住所
  • TEL、メール
  • ショップURL

(例)
お客様対応_05

【Bad!】

  • 店舗名が無い
  • 連絡先が無い
  • ショップのURLが無い
  • 署名自体が無い

≪番外編≫

【Good!】の内容に加え、ショップのキャッチコピーやコダワリ、受賞歴などもアピールしましょう。特にあなたのショップについて詳しく知らない新規のお客様に向けて、ショップの魅力を伝える場所として最大限活用しましょう!

いかがだったでしょうか?

前・後編でご紹介した4つのポイントに手を加えるだけで、丁寧な印象のメールをお客様へ届けることができるようになります。ぜひぜひお試しください!

The following two tabs change content below.

Takaktoshi Suzuki

Marketing Director at Rakus inc. 法人向けクラウドサービスの広告宣伝・製品企画・営業支援を担当しています。サンフレッチェ広島の森崎和幸選手を崇拝しています。

Comments are closed.

Scroll To Top