メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。
千客万来!セミナー集客メールの効果を高める文面の作り方

千客万来!セミナー集客メールの効果を高める文面の作り方

ここまでの連載では、セミナーは事前準備がとても重要であり、それがセミナーメールを作成する場合にも反映されることについて触れてきました。今回はいよいよ、セミナーメールの配信について考えます。セミナーメールのサンプル文面も合わせてご紹介します。

おさらい:セミナー集客メールの効果を高める準備

セミナー集客メールを作成するにあたり、まず、これまでの連載でもご紹介してきたポイントを整理してみましょう。

これまでのおさらい~集客UPのポイント~

  • 目的参加数から逆算した集客設計
  • 何を誰に伝えたいか、セミナーのコンテンツ設計
  • 適切な集客ターゲットリストの抽出
  • 適切な開催時期や開催日時、開催場所

これらをしっかりと準備できたら、いよいよ実際の集客メールの準備開始となります。

メール配信システムの機能を活用して、効果を高めることが可能

セミナー集客の手段はたくさんありますが、集客アップを考えた時に、自社のハウスリストに対するメール配信が担う役割はとても大きいものがあります。その時に、メール配信システムなどが使われることになると考えられますが、目的に合わせて下記のような機能が必要になります。それぞれ機能と目的を見てみましょう。

①HTML/textのマルチパート配信

メールの送信者は常に受け手が確実に・スムーズに受信できることを心掛けておく必要があります。企業によっては、ウイルス対策やセキュリティ対策の一環として、メーラーでのHTMLメールの受信を拒否していることがあります。このため、受け手が確実に・スムーズに受信できるように送信されるメールは毎回HTML/textの2パターンで作成し、受信環境に合わせた配信が実施されることが望ましいといえます。それぞれをマルチパート配信できるツールを選択しましょう。

②開封率やクリック率の把握

目的参加数から逆算した集客設計が必要であることには以前の記事(セミナー開催事前準備編…メール配信母数は?期待効果と指標の設計方法)で触れましたが、そのためにはメール配信システム上で開封率クリック率などの効果を測定できることは必須となります。これらの数値を見ながら、集客状況によっては、途中でコンテンツを再考する…というような運用が必要です。配信するメールのタイプ(HTML/text)によって測定可能な指標は変わってきますが、開封率やクリック率の測定ができるシステムを選び、その指標を見ながらセミナーメールを配信することが重要です。

③PUSHメールの自動設定・事前配信テスト

集客状況によっては途中でコンテンツを再考するだけでなく、未開封者や未クリック者に対して、再度、追加でメール送信した方がよいこともあります。また、申込者に対してセミナー申し込み情報のリマインダーメールを送る必要もあります。未開封者や未クリック者を特定してn日後に(開催のn日前に)追加で送信するPUSHメールや、リマインダーメールを送信することも想定することも必要です。

④PC/モバイルそれぞれのレイアウトでのプレビュー

モバイル端末の進化とともに、特に最近になってスマートフォンやタブレットなどモバイル端末でのメール閲覧機会が多くなっています。モバイル対応をしているレイアウトテンプレートであれば、それぞれ利用ブラウザや端末別に「どのように見えるのか」をプレビューテストできることが望ましいと言えます。これも受け手が確実に・スムーズに受信できることを踏まえて、送信者が心得ておくべきことです。

⑤文面テンプレートの活用

特に定期開催が予定されているセミナーなどの場合は、組織内の「マーケティング資産」として、いかに使い回すことができる文面テンプレートを持っているかということは重要です。もちろん、誰に何を伝えたいかといったセミナーのコンテンツ設計は毎回重要ですが、ヘッダー情報やフッター情報をはじめとして、セミナー記載項目などを文面テンプレートとして保存・活用できるツールを利用したいものです。

⑥タグの利用

姓名・会社名・開催日時などは、自動的にそれらの記載事項を呼び出すことができる機能があります。例えば、[%%last name%%様]のように記載すれば、保持するデータに合わせて受信者ごとに姓が挿入されるようになります。より私信めいたメール文面にするためにも重宝される機能のひとつです。

セミナーメールの見本をチェック

では次に、セミナーメールのサンプルを見てみましょう。下記はHTMLメール文面をイメージしたものですが、BtoBのメルマガの場合には、ビジネスライクなデザインの方が好ましい場合が多いので、HTMLメールでもテキストメールでも、受信者が受ける印象は大きくは変わらないと思います。

%%last_name%%様

2015年を振り返るには少々早いですが、
本年は顧客の購買行動の変化に対応するため、
かつてないほどE-mailマーケティングが注目された年と言えると思います。

注目が集まる一方で、E-mailマーケティングの管理遂行のためには
専門性の高い知識や管理ツールを必要とし、
ユーザー企業による導入着手や運営の定着、
さらには実成果をあげることには
まだ一定のハードルが存在していることも事実だと思います。

これからE-mailマーケティングに取り組もうという企業にとっては、
システムを使いこなすだけでなく、業務を進めていく上で
様々な優先順位を判断していく必要があります。

今回ご紹介するラクスのマーケティングサービスは、顧客の真の課題を捉え、
マーケティングへの取組みを始める段階からのご支援をいたします。
このご支援の中で、目的に応じたメール配信システムの機能を活かしていくこと、
更には顧客自身が運営を定着化し生産性の向上を目指す段階までを含めて
確かな成果の創出をご支援いたします。

時代を勝ち抜く企業の皆様のご参加をお待ちしております。

日程  2015年●月×日(水) 申込み締切り●月×日(水)
時間  10:00~12:00(受付開始 9:30)
会場  東京○○コンファレンス ●階会議室地図はこちら
プログラム 第1部:2016年のメールマーケティングとは?求められる背景と活用について [株式会社ラクス  〇×]~マーケティングを取り巻く現状を踏まえて弊社サービスをご案内いたします~
対象となる方 マーケティング市場の動向や活用のポイントを理解したうえで、顧客を増やしたい 売り上げをあげたい 経営者の方・マーケティング部門責任者の方、営業部門責任者の方
定員 40名
詳細・お申し込み  こちらからお申込みをお願いいたします

当社からのメール配信を希望されない場合は %%Unsubscribe%%

このメールのポイントを見てみましょう。

まず、HTMLメールで送信している場合には開封率がわかるというのが大きな特長。

デザイン面では、表組の部分がビジュアル的に表示、地図や申し込み先のリンクを長いURLを記載せずにテキストリンクで記載できるというメリットがあります。とはいえ、テキストメールで表現しても、効果に大きな差は出ないと考えられます。

次に宛名部分を見てみましょう。この部分はタグで書かれています。ここには送信者のリストと連動して送信者名が入ります。私信のようなメール送信を狙っていることになります。

冒頭には時候のあいさつや時事的な話題が入っています。私信風にせよいわゆる一般的なメルマガ風にせよ、本題に入る前のワンクッションとして、何か一言盛り込みたいところです。

次に開催概要は、前回記事(セミナー集客を効果的に行うために…セミナー集客、概要と集客タイミングを見直そう)で設定した日時や場所を掲載することになります。この概要部分は重要で、受信者が知りたい情報の抜け・漏れが内容にしなければなりません。そのためにもテンプレート化しておくなどの工夫が必要です。

また、長すぎて冗長な印象を与えるのもマイナスかもしれません。読者視点で内容を見て、ポイントが確実に伝わるような文言で記載されているかもチェックするようにしましょう。

最後に、オプトアウトの文言が記載されていますが、ここにもタグが使われていることがおわかりでしょう。

いかがでしたか?

よく目にするセミナー集客メールの文面も、いざ作るとなると、多くのことを考える必要があるとお分かりいただけたでしょうか。メール配信システムの機能を上手に活用して、より効果の高いセミナー集客メールを作りましょう。

The following two tabs change content below.

Kunika Suzuki

ターゲットメディア株式会社執行役員。創業時よりBtoB企業のマーケティング支援業務に携わり、現在は主にBtoB企業のリード獲得、リードナーチャリング案件を担当しています。

Comments are closed.

Scroll To Top