メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。
放っておくとメルマガ送信先は減ってしまう!? —配信の“母数”を増やすためにリストを集め続けよう—

放っておくとメルマガ送信先は減ってしまう!? —配信の“母数”を増やすためにリストを集め続けよう—

BtoBメールマーケティング担当者が知っておきたいメール&コンテンツ制作・基礎中の基礎講座

前回はメルマガが売上につなっているのかを把握するためにもKPIを知ること、そしてその管理にはSFAやCRMなどのシステム活用が効果的という内容をご紹介しました。一方、メルマガと売上の関係を見た場合に、当然、配信する母数が多いほどゴールにたどり着ける数も多くなります。そこで今回は、配信リストを管理し、母数を増やしていく方法について考えます。

配信リストは知らないうちに減っていく!

貴社の配信リストはきちんと管理されていますか?

メルマガは当然、配信リストをもとに送信されます。配信を始めた当初、相当数のまとまったリストがあったとしても、時間が経つにつれて受信拒否やドメイン変更、転職などによって、指定したアドレスにメルマガが届かなくなっていく…つまり、配信リストは何の手も加えずに長く使っていると、どんどん目減りしてしまうのです。これでは仮に反応率などが上がって行っても、売上につながる実数は減るということになります。

配信リストは知らないうちに減っていく!

つまり、リストは常に管理して新規アドレスを増やし続けなければならない…それでは、どのようにしてリストを増やしていけばいいのでしょうか?

リストを増やすための方策あれこれ

リストを増やすための方策あれこれ

配信リストを増やしたい。でも具体的にはどうすればよいか分からない。
「自力で収集するにはすごい手間がかかるし、購入すると高いし出所もアヤシイし…」
そんなふうに思っているあなた。さまざまな施策を整理しましたので、ぜひ、まだ実行していないものがあったら、取り組んでみてはいかがでしょうか。

営業、その他社員の名刺交換

当然メルマガは、知らない・興味ないものは読まれません。しかし、一度顔を合わせたことのある「あの人」が書いた記事やオススメならば、興味を持ってもらえる確率は高まります。

 展示会への出店

自社の業界が主催する展示会や見本市に出展すれば、ブースに来てくれた人との名刺交換はもちろん、その場でメルマガ登録を促したり、アンケートに記入してもらうことも可能です。

キャンペーンを行う

例えば、自社サイトで「今だけ!メルマガに登録すると○○がもらえる!」など、期間限定のお得なキャンペーンを実施。新規の登録者の獲得が見込めます。

プレゼント施策

期間限定でなくても、メルマガに登録するとプレゼントやポイントが付与されるといった仕組みも効果的。

WEB広告等

自社製品やサービスに興味がある人が見そうなHPにWEB広告を出して誘引するという方法です。WEBコラムなどにメルマガの登録URLを貼り付けて登録を促します。

いかがでしょうか。さまざまな施策によって常に新規アドレスの取得し、配信リストを充実させる。そして前回ご紹介したSFAやCRMを導入し、顧客情報やデータの分析を行い、売上に直結するメルマガを打っていく。それがメルマガを継続的に運営し成功に導く土台となることがお分かりいただけたでしょうか。

次回はメルマガとその誘導先との関わりについて考えて見たいと思います。





The following two tabs change content below.

Kunika Suzuki

ターゲットメディア株式会社執行役員。創業時よりBtoB企業のマーケティング支援業務に携わり、現在は主にBtoB企業のリード獲得、リードナーチャリング案件を担当しています。

Comments are closed.

Scroll To Top