クリック率を上げるメールマーケティング7つのポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商品購入や資料請求など、行動を起こしてもらうこと(=態度変容)を目的としたメールマーケティングにおいて、「クリック率」の数値に悩まされているメール・メルマガ担当者の方も多いのではないでしょうか?今回は、クリック率の目安からクリック率を上げるための施策7つをご紹介いたします!

関連記事:メールマーケティング徹底解説!メール配信のポイントや事例を紹介

クリック率とは?

クリック率とは、配信したメールの本文中にあるURLをどれくらいの人がクリックしたのかを測る指標です。

開封されたメールではなく、届いたメールに対してクリックされた割合を測っているため、メールの到達率や開封率の影響を受けます。そのため、クリック率を改善する場合は、メール本文中の内容と、配信リストや配信時間を見直すなど開封率の改善も同時に行う必要があります。

関連記事:メールマーケティングの開封率とは?業種別平均値や開封率を上げるコツも紹介

クリック率はなぜ重要なの?

冒頭でもお伝えしたとおり、メールマーケティングの目的は「態度変容」です。受信者に商品購入や資料請求・問い合わせなどの行動を起こしてもらうためには、メールを開封してもらい、本文に記載されているURLをクリックしてWEBページなどに遷移させる必要があります。したがって、どれくらいの人がURLをクリックしたかを測定することでメールマーケティングの効果や目的が達成できているかを測ることにつながります。

また、URLをクリックした人は自社のサービスや製品に興味関心のある人とも言えます。自社リストの何割程度がサービスや製品に興味関心があるのかを判別する指標にもなります。

クリック率の算出方法

クリック率は、「クリック数÷配信成功数×100」で出すことができます。

クリック率は配信されたメールに対してURLや文字リンク、CTAなどをクリックされた割合を測りますが、開封されたメールに対してクリックされた割合を測る反応率というKPIもあります。反応率は、配信したコンテンツの質や件名との親和性・関連性の良し悪しを判断することができるので、クリック率と同様にメールマーケティングにおける主要なKPIの1つとされています。

クリック率の目安

メールマーケティングの目的を達成できているかを判断する指標ともなるクリック率の平均値と目標値は以下のとおりです。

平均値
mailchimp社の調査データから引用
2.62%

目標値

1.5%以上

業種やメールの目的によっても平均値は変わりますが、1.5%以上の数値を出すことができれば、メールマーケティングの効果は良いと言えます。

クリック率を上げるには「本文」と「リンク」を工夫すべし

「クリック率が低い」「クリック率が中々上がらない」というお悩みを抱えている方も多いと思います。クリック率は本文とリンクの作り方で数値の向上が見込めます。クリック率を上げようと日々試行錯誤しているメールマーケティング担当者の皆さまにぜひ実践していただきたいテクニックをご紹介していきます。

関連記事:もっとユーザーに動いてもらうには?クリック率上昇の秘訣!

本文で工夫すべき4つのポイント

クリック率を上げるために、本文で工夫できる点は4つあります。それぞれ解説していきます!

1:重要な内容はファーストビューに収める

メールの閲覧時間は約7秒と言われています。メールで態度変容を促すためには、7秒間で処理できる情報量を提供する必要があります。そのため、伝えたい内容とリンクはファーストビュー(メールを開封した際にスクロールをせずに表示される範囲)に収めることが大切です。

メールコンテンツはファーストビュー内に収める

関連記事:クリック率アップの奥義!メルマガのファーストビューの作り方<前編>

2:できるだけコンテンツは1つに絞る

1通のメールに複数のコンテンツを案内しているメールをよく見かけますが、問い合わせや製品購入といった最終的な成果を高めるにはコンテンツを1つに絞ることをおすすめしています。

その理由は2つあります。1つめは、先ほどもお伝えしたようにメールの閲覧時間は非常に短いため、いくら多くのコンテンツを用意していても読まれるコンテンツは限られています。
2つめは、一度WEBページに遷移してメールから離れてしまうとそのメールに戻ってくる人はほぼいないためです。複数のコンテンツを用意していても、一度メールから離れた人にとってそのコンテンツはなかったも同然です。

弊社の調査では、複数のコンテンツを含むメールの場合、2つ目以降のコンテンツがクリックされる割合は下に行くにつれて減少していくことが分かっています。

2つ目以降のコンテンツは下に行くほどクリック率が下がる

それだけではなく、コンテンツが複数あるメールでは、コンテンツを1つに絞ったメールよりも全体のクリック率は下がる傾向にありました。

メールコンテンツは1つに絞った方がクリック率は高い

色々な内容を紹介したい気持ちは分かりますが、最終的な成果を高めるためにはコンテンツは1つに絞りましょう。「コンテンツを絞るのは難しい」という方は、1つのメールに収めるのではなく、配信頻度を増やしてそれぞれ案内したいコンテンツを配信する方が良いでしょう。

配信頻度を増やして1メール1コンテンツにした成功事例はこちら:内定数が導入前と比較して115%アップ!効果改善を遂げたネオキャリア様のメールマーケティングとは?

3:クリックしやすい導線を意識する

メールを作成する上で大切なのは「受信者目線」に立つことです。人の目線の動きに応じて本文や画像、リンクをレイアウトし、クリックしやすい導線を作ることでクリック率を上げることができます。

特に本文とリンクの配置については、
・本文や画像の邪魔にならないようにリンクを配置する
・リンクは本文や画像の近くに配置する
ことを心掛けて作成してください。

<基本レイアウト>

基本のメールレイアウト

レイアウトを考える時に注意していただきたいのは、PCとスマートフォンなどのモバイル機器ではメールの見え方が異なるということです。PCではクリックしやすい導線になっていても、モバイル端末では想定したレイアウトになっていなかったり、本文とリンクが微妙に離れていたり…ということがありますので、その点を踏まえたレイアウトを意識しましょう!

4:メール本文は短く簡潔に

先ほど紹介したとおり、メールの閲覧時間は7秒と言われています。7秒間で読むことのできる文字数は140字程度と言われており、これはTwitterの1投稿分と同等です。文章は140字以内、かつ前述の通りリンクをファーストビュー内に設置しようとすると、本文はおのずと短く簡潔にせざるを得ません。

それでも、「いきなり本題に入るより時候のあいさつがある方がメールとして自然では?」と思う方もいらっしゃると思いますが、以下の弊社の配信データをご覧ください。
弊社で毎週配信しているメルマガで、時候のあいさつの有無でクリック率を比較したところ、時候のあいさつがないメルマガの方がクリック率は0.4ポイントほど高いという結果になりました。

メルマガの時候のあいさつとクリック率の関係

メールは資料請求や商品購入などの目的を達成させるきっかけに過ぎません。受信者に伝えたい内容が多くある場合は遷移先ページで伝えるようにして、メールでは概要を伝える程度に収めるのが好ましいでしょう。

関連記事:メルマガの適切な長さって?簡潔なメルマガを書くコツとは

リンクはボタン形式に!作成する上での3つのポイント

本文で工夫すべき点を押さえたら、次はリンクです。リンクをクリックしてWEBページなどに誘導するためには、リンクがどのような形式かどうかが非常に重要になります。

弊社で「テキストメールのURLリンク」「HTMLメールのURLリンク」「HTMLメールのボタンリンク」でどれくらいクリック数が変わるかを調査したところ、「HTMLメールのボタンリンク」は、「HTMLメールのURLリンク」に比べ3倍ほど、「テキストメールのURLリンク」と比較した場合は8倍クリック数が高いという結果になりました。

リンク形式とクリック率の関係

メールマーケティングで成果を出すには、できるだけリンクはボタン形式にするのが良いでしょう。ボタンリンク自体の効果は高いですが、色や形など少しの工夫でその効果をさらに高めることができます。ボタンリンクを作成する上でのコツやポイントをご紹介していきます!

関連記事:CTAって何!?CTAの設置場所とCVR上昇のための5つの改善ポイントとは
関連記事:HTMLメールでボタンの作り方とクリック率が大幅アップする活用術とは

5:ボタンの形

1つめのポイントは「形」です。ボタンリンクを設置するのであれば、誰が見ても「押せる」と認識できるデザインであることが大切です。そのため、ボタンリンクを作る際はフラットデザインではなく、下図のようなクリッカブルなデザインがおすすめです!

ボタンリンクのデザイン

弊社が配信しているメルマガでABテストを行ったところ、クリッカブルなデザインで作成したボタンリンクは、フラットデザインのものに比べ、0.2ポイントほどクリック率が高いという結果も出ています。影を付けるなどして、クリッカブルなボタンリンクを設置しましょう。

ボタンリンクはクリッカブルな方がクリック率は高い

6:ボタンの色

次のポイントは「色」です。ボタンの色で大きくクリック率に差が出ることはありませんが、推奨カラーとして、自社のコーポレートカラーや暖色を使うと良いと言われています。

実際に弊社で「寒色」と「暖色」のボタンでテストを行ったときは、暖色の方がクリック率は0.2ポイントほど高いという結果になりました。特段こだわりがない場合は、暖色のボタンを設置するのがベターでしょう。

ボタンリンクの色とクリック率の関係

7:ボタンのテキスト

最後は「テキスト」についてです。3:クリックしやすい導線を意識するでもお伝えしたように、受信者目線に立ってメールを作成することが大切です。よくリンクテキストとして「詳しくはこちら」「購入」「ダウンロード」のような名詞を使用しているメールを見かけますが、「詳細をみる」「購入する」「ダウンロードする」など、受信者が次に取る行動に即した内容かつ動詞にした方がクリック率は高くなる傾向があります。
弊社のメルマガでも、リンクテキストを動詞にしたところクリック率が上がりました。

ボタンリンクのテキストとクリック率の関係

さいごに

メールマーケティングの成果を測る上で重要なKPIであるクリック率の目安からクリック率を上げるポイントをご紹介してきました。クリック率は、「本文」と「リンク」を少し工夫するだけで上げることができます。クリック率の数値にお悩みの方は、ぜひ今回ご紹介したポイントを実践してみてください!

The following two tabs change content below.

山盛有希子

部品メーカーで広報として3年間従事し、2020年6月にラクス入社。オンラインマーケティング担当として、メルマガ・記事作成を行いつつ、事業部のインナー広報的なことも担当(?)。立ち飲み屋巡りが好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

お役立ち資料