メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。
導入文を決める【連載第5回】

導入文を決める【連載第5回】

今回は、メールの導入文について、お話しします。

メールの導入文とは何かというと、落語でいう「枕」、漫才でいう「マエフリ」、小説でいう「プロローグ」に当たるものです。

本記事では、導入文の書き方について、

➀導入文の役割
②導入文の必要なメール/導入文の不要なメール
③導入文の具体例

の3点をご紹介します。

ポイント① 導入文の役割

導入文には、主に二つの役割があります。

【役割1】読み手の気持ちを「つかむ」

よく漫才などで、「つかみはオッケー」と言いますよね。

あの「つかみ」です。

メールを開いて数行で、読み手の気持ちを「つかむ」ことが重要です。

なぜなら、読み手は最初の数行を読んで「つまらない」「興味がない」「自分には関係なさそう」と思ったら、そこで読むのをやめてしまうからです。

【役割2】本文に誘導する

どんなに面白い(興味深い・自分に関係ある)導入文でも、話がそこで終わってしまっては、読み手は本文まで読み進んでくれません。

「本文に興味を持たせた上で、本文につないでいく」のが、導入文の重要な役割のひとつです。

私たちは、この役割をよく運動会の「大玉送り」に例えて説明しています。

ポイント② 導入文の必要なメール/導入文の不要なメール

BtoBメールでは、導入文の必要なメールはあまり多くありません。

導入文の必要なメールと不要なメールは、何が違うのでしょうか?
導入文の必要なメールは、「最後まで読んでもらえない可能性のあるメール」です。
BtoBの場合、1メール1テーマという形式が多く、その場合は、件名に興味を持って開封していただいた方には、最後まで読んでもらえる可能性が高いです。

ところが、1メール複数テーマという場合には、件名と対応したテーマは読んでもらえるけれど、それ以外は読んでもらえない可能性があります。

そうならないように、導入文で「マエフリ」をしておくことが必要です。

ポイント③ 導入文の具体例

では、導入文を入れる場合には、どのように書けばいいのでしょうか?
「悪い例」と「良い例」をご紹介します。

悪い例①

株式会社グリーゼです。
いつもお世話になっております。

蒸し暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

弊社でも、夏バテで何人かダウンしていました。

皆さまもどうぞお気をつけください。

それでは本題に入ります。

この例では、読み手を「つかむ」こともできていないし(基本的に導入文で天候のあいさつはNGとお考えください)、本文に興味を持たせることもできていません。

悪い例➁

こんにちは!株式会社グリーゼ 江島です。

毎日暑いですね。

夏バテ予防になる食べ物や飲み物・・・というと皆さん何を思い浮かべますか?

あるアンケートによると、いま女性の間で夏バテ予防として一番注目されているのは、
「ビネガードリンク」だそうです。

「ビネガードリンク」とは、お酢を他の飲料で割って飲みやすくしたもの。

キユーピーの「ぶどう酢」やミツカンの「りんご酢」などが人気のようです。

ちょっと身体がだるいな、夏バテしかけてるかも?と思ったら、試してみてはいかがでしょうか。

それでは本題に入ります。

こちらの例では、読み手への問いかけから入り、「ビネガードリンク」という話題を提供しているという意味で「つかみ」はできていますが、本文に興味を持たせることができていません。

良い例

こんにちは!株式会社グリーゼ 江島です。

毎日暑いですね。夏バテしていませんか?
実は、夏に弱いのは、人間だけではありません。

パソコンも、熱くなり過ぎると、「熱暴走」という現象が起こってしまいます。

「熱暴走」が起きると、OSやソフトウェアの動作が不安定になってエラーが頻発したり、
突然電源が切れたりします。

さらにひどい場合は、ハードディスクが故障して作成したデータが消えてしまうことも・・・。

そんなことが起こってしまわないように、「リスク対策」をお忘れなく。

「リスク対策」といえば、最近話題の「サイバー攻撃」の「リスク対策」はお済みですか?

本日は、「サイバー攻撃対策」に関するセミナーの他、情報漏えいリスクを軽減するための
3つのポイントもご紹介しています。ぜひ最後までお読みください。

こちらの例では、読み手への問いかけから入り、「熱暴走」という話題を提供して、読み手の興味を「つかんで」いるのに加え、本文の二つのコンテンツも紹介しています(本文に興味を持たせて、誘導している)。

このように、導入文を入れる場合には、導入文の二つの役割をしっかり押さえて書くことが必要です。

次回は、目次についてお話しする予定です。お楽しみに!





メール配信システム「配配メール」



The following two tabs change content below.

江島 民子

コンテンツマーケティングの専門会社 株式会社グリーゼ代表取締役。最近は、コンテンツの設計だけではなく、コミュニケーションの設計からお手伝いする案件が増えています。

最新記事 by 江島 民子 (全て見る)

Comments are closed.

Scroll To Top