メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。
【EC担当者必見!】メルマガ経由の売上をGoogle Analyticsのeコマーストラッキングで取得する方法

【EC担当者必見!】メルマガ経由の売上をGoogle Analyticsのeコマーストラッキングで取得する方法

Google AnalyticsのeコマーストラッキングではECサイトにおける商品別、注文別、日別の売上データなどを取得でき、さらにダミーパラメーターを設定することによって、メールマガジン経由の各種データを取得することが可能です。

eコマーストラッキングを実際に活用するための画面の見方とメールマガジン経由の売上げデータの確認方法

初回記事ではGoogle Analyticsを活用した、メールマガジンのクリック数とコンバージョン率を取得する方法について解説いたしました。

【EC担当者必見!】Google Analyticsを活用し、メールマガジンのクリックとコンバージョンを測定する方法

二回目の記事ではECサイトにGoogle Analyticsのeコマーストラッキングを導入する方法について解説いたしました。

【EC担当者必見!】Google AnalyticsでECサイトの収益がまるわかり?!eコマーストラッキングを導入する方法

今回は二回目の記事で導入したeコマーストラッキングを実際に活用して分析するための画面の見方について解説いたします。次に、メールマガジン経由で発生した売上などのデータを取得する方法について解説いたします。

eコマーストラッキング上でメールマガジン経由のデータを取得するためには、初回の記事で解説したダミーパラメーターを利用したキャンペーンの設定を使用する必要があります。そのため今回は初回、二回目記事の知識を前提としていますので、まだ記事を読んでいない方は目を通しておいてください。

eコマーストラッキングを活用するための画面の見方

サマリー

Google Analyticsにログインし、左サイドバーのメニューから、コンバージョン > eコマース > サマリーを押してください。

Google Analytics eコマーストラッキング サマリー

(a) 全体数値
サマリーの画面ではeコマースのコンバージョン率、トランザクション数、収益、平均注文額、固有の購入数、数量といった代表的な数値を一覧で見ることができます。

(b) 指標比較
サマリーというテキストの下にある[eコマースのコンバージョン率]の箇所で各値を指定することにより各数値を比較することができます。選べる値はeコマースのコンバージョン率、トランザクション率、固有の購入数、収益、数量、平均注文額です。例えば、収益と平均注文額を掛け合わせて比べることによって、顧客一人当たりの売上が伸びているのか、それとも購入している顧客の数が増えていっているのか、という全体的なトレンドを知ることができます。

(c) 日時分析
日時の軸で分析することもできます。時間別、日別、週別、月別を確認することができます。全体的な週や月の売上を確認することはもちろん、よく売れている時間を知ることもできます。

Google Analytics eコマーストラッキング サマリー2

(d) 各ランキング
[商品]では商品別売上ランキングを、 [商品SKU]では設定したSKUの売上ランキングを、 [商品カテゴリ]では設定した商品の売上ランキングを確認することができます。[参照元/メディア]では購入した顧客がどこから来たか、ということを確認することができます。確認できることによって、誘引元のメディアがわかりますので、メールマガジンを強化したほうがいいのか、広告を打つべきなのか、SEO/PPCを強化すべきなのかが見えてくるはずです。

メールマガジンの効果を確認する方法

ページ左下部の「上位の収益源」の下にある参照元/メディアをクリックすると、参照元/メディア別の売上数値が出てきます。

ここに表示される「メディア」にメールマガジン名、あるいはメールマガジン名+号数などを表示させることによって、メールマガジン経由での売上を取得することが可能です。

指定するためには、URLのダミーパラメーターのutm_mediumに表示したい値を指定する必要があります。

指定する方法とダミーパラメーターの説明については、「【EC担当者必見!】Google Analyticsを活用し、メールマガジンのクリックとコンバージョンを測定する方法」の「クリック数を測定するには? URLにダミーパラメーターを設定」ご確認ください。またはGoogleが提供しているURL生成ツールからURL生成する方法もあります。

URL 生成ツール – アナリティクス ヘルプ

URL生成ツールから指定するには「キャンペーンのメディア」を必ず指定してください。

商品の販売状況

商品の販売状況は商品ごとに売れ行きを分析できる画面です。

左サイドバーのメニューから、コンバージョン > eコマース > 商品の販売状況を押してください。

Google Analytics eコマーストラッキング商品の販売状況の図

(a) 各ランキング
各商品の売上げランキングが表示されます。数量、固有の購入数、商品の収益(売上)、平均価格、平均数量でソートすることができます。

(b) 指標分析
各値でサマリーと同様、比較のグラフを作ることができます。固有の購入数、商品の収益、数量、平均価格、平均数量の値があります。

(c) 日時分析
日、週、月をクリックすることで、グラフの表示を変化できます。折れ線グラフとモーショングラフを選択することができます。

(d) セカンダリディメンション
セカンダリディメンションではカスタム変数、コンバージョン、ソーシャル、ユーザー、広告、行動、時刻、集客から売上を分析することができます。メールマガジンにキャンペーン、またはメディアのパラメーターを設定すると、以下の項目からメールマガジンの売上を見ることができます。

メールマガジンの効果を確認する方法

・広告 -> キャンペーン
設定したキャンペーンに関する売上を見ることができます。

・集客 -> メディア、または集客 -> 参照元/メディア
メディアで設定した売上を見ることができます。

販売実績

販売実績は日付毎の販売状況を分析できる画面です。

Google Analytics eコマーストラッキング販売実績の図

(a) 日別の売上げランキング
日別の売上げランキングが表示されます。

(b) 指標分析
総収益、コンバージョン率、平均注文額の日別ランキングを見ることができます。また、指標の選択をすることにより、比較をすることができます。

(c) 日時分析
日、週、月をクリックすることで、グラフの表示を変化できます。折れ線グラフとモーショングラフを選択することができます。

(d) セカンダリディメンション(商品の販売状況と一緒)
セカンダリディメンションではカスタム変数、コンバージョン、ソーシャル、ユーザー、広告、行動、時刻、集客から売上を分析することができます。メールマガジンにキャンペーン、またはメディアのパラメーターを設定すると、以下の項目からメールマガジンの売上を見ることができます。

メールマガジンの効果を確認する方法

・広告 -> キャンペーン
設定したキャンペーンに関する日付別売上を見ることができます。

・集客 -> メディア、または集客 -> 参照元/メディア
メディアで設定した日付別売上を見ることができます。

トランザクション

トランザクションは注文ID毎の売上を分析できる画面です。

Google Analytics eコマーストラッキング トランザクションの図

(a) トランザクション別の売上げランキング
注文ID別の売上げランキングが表示されます。

(b) 指標分析
収益、数量、税金、配送のトランザクション別ランキングを見ることができます。また、指標の選択をすることにより、比較をすることができます。

(c) 日時分析
日、週、月をクリックすることで、グラフの表示を変化できます。折れ線グラフとモーショングラフを選択することができます。

(d)セカンダリディメンション(商品の販売状況と一緒)
セカンダリディメンションではカスタム変数、コンバージョン、ソーシャル、ユーザー、広告、行動、時刻、集客から売上を分析することができます。メールマガジンにキャンペーン、またはメディアのパラメーターを設定すると、以下の項目からメールマガジンの売上を見ることができます。

メールマガジンの効果を確認する方法

・広告 -> キャンペーン
設定したキャンペーンに関するトランザクション別の収益、税金、配送、数量を見ることができます。

・集客 -> メディア、または集客 -> 参照元/メディア
メディアで設定したトランザクション別の収益、税金、配送、数量を見ることができます。

購入までの間隔

購入までの間隔は初回訪問から購入までの日数・訪問数について分析することができる画面です。

Google Analytics eコマーストラッキング 購入までの間隔の図

(a)購入までの日数
初回訪問から購入までの日数について分析することができます。

(b)購入までの訪問数
初回訪問から購入までの訪問数について分析することができます。

会社としてどの程度、メールマガジン業務に力をかけるべきか

以上のようにGoogle Analyticsのeコマーストラッキングを使用することによって、商品別、注文別、日別の売上データを分析することが可能です。さらにダミーパラメーターを付与したURLをメールマガジンに掲載することにより、メールマガジンの効果を可視化することができます。

おそらく今までは、メールマガジンを発行するのみ、またはメールマガジンのクリック数を測る、といったことしか漠然と行っていなかったと思います。ただこれからはeコマーストラッキング設定を行えば、どのメールマガジンがどれくらい売上に貢献したか、ということをはっきりと数値に表すことができます。効果の上がったメールマガジンと、効果の上がらなかったメールマガジンを比べることによって、メールマガジンの最適化を行うこともできるでしょう。

また、eコマーストラッキングから得られる各数値をKPIに設定し、KPIを達成するためのコストや人員を把握し、メールマガジンを改善していきましょう。(執筆:赤沼 俊幸、編集:陶山 大介





ECリピーター獲得のためのメルマガ改善ガイド



The following two tabs change content below.

赤沼 俊幸

現在は理想のWebマーケティングを研究中。集客を軸としたWeb戦略の構築が得意。トランスコスモス株式会社ではメデイアプランナー、webcreation株式会社 にてSEOコンサルティング、株式会社24-7ではインバウンドマーケティング業務を経験。
Loading Facebook Comments ...
Scroll To Top