メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。
共有したい気持ちに火をつける!シェアボタンとツイートボタンをHTMLメールに設置する方法

共有したい気持ちに火をつける!シェアボタンとツイートボタンをHTMLメールに設置する方法

せっかく作成したHTMLメール。できればより多くの人に見てもらいたいはずです。そんなとき導入したいのがHTMLメールのシェアボタンとツイートボタンというHTMLメールのコンテンツを共有するボタンです。共有ボタンを導入すると、より多くの人にコンテンツを読んでもらうことが可能です。

メールの共有

※本記事は配信するHTMLメールのWebページ版がサーバー上にあるという前提になっています。HTMLメールマガジンの場合は表示崩れや画像が表示されないという事態に備えて、オンライン版を用意しておくことも多くなっています。Webページ版を導入していない場合はぜひ導入することをおすすめします。

共有ボタンの設置でリーチを増やす

メールマガジンの購読者が名を連ねているEメールリストを頼ったメールマーケティングにはリーチの限界があります。メールマガジンは登録者にしかメールを配信できませんので、Eメールリストに掲載されていない人に情報を伝えることは難しくなっています。

そこで活用したいのがFacebookのシェアボタンやTwitterのツイートボタンといったソーシャルメディアの共有ボタンです。HTMLメールに共有ボタンを設置することにより、購読者はボタンを押し、共有することが可能です。共有ボタンが押されれば配信しているメールマガジンのコンテンツがソーシャルメディア上で広まります。コンテンツがソーシャルメディア上に広まることによって、自社のメールマガジンが知られ、メールマガジンの登録者が増えたり、ソーシャルボタンが設置されていれば、ソーシャルメディアのフォロワー数が増えるといったリーチを増やすことができるのです。共有ボタンを設置することによって、ソーシャルメディアの機能メリットである情報の拡散性という恩恵を受けることができます。

 共有したい気持ちに火をつける

ソーシャルメディアはメールに比べて、情報の拡散性に優れたメディアです。Facebookであればシェア機能、Twitterであればリツイート(RT)機能が強い拡散性を持っています。拡散された情報によってFacebookであれば友達や、友達の友達、Twitterであればフォロワーや、フォロワーのフォロワーといった人たちにまでリーチすることができます。これはメールマガジンでは難しいことです。

ソーシャルメディア上では共感の強い内容であればあるほど情報はどんどん拡散される特性を持っています。メールマガジンであっても共有ボタンを設置すれば、ソーシャルメディア上で共有される可能性あるコンテンツになりえます。人が共有したい気持ちに火をつける強く共感するメールマガジンを配信しましょう。

メールの転送機能は使われない

残念ながらメールというメディアはソーシャルメディアに比べて、情報の拡散性に弱いメディアです。メールの転送機能で他の人にメールの転送をする方は稀です。また、以前はチェーンメールなどにより、メールの転送には悪いイメージを持っている方もいます。HTMLメールに関してはうまく転送を行う必要があり、なおかつ転送先がHTMLメールに対応している環境ではないと、HTMLメールは崩れて表示されてしまう可能性もあります。やはり共有に関してはFacebookやTwitterといったソーシャルメディアに頼ったほうが無難です。

 Facebookシェアボタンの設置方法

それではまずFacebookのシェアボタンの設置方法について説明します。アイコン、またはテキストでリンクを貼ります。

メールコンテンツのシェア

テキストリンクを掲載する場合(英語)

<a href=”https://www.facebook.com/sharer/sharer.php?u=[URL]” target=”_blank”>Share on Facebook</a>

テキストリンクを掲載する場合(日本語)

<a href=”https://www.facebook.com/sharer/sharer.php?u=[URL]” target=”_blank”>Facebookでシェア</a>

シェアアイコンを掲載する場合

<a href=”https://www.facebook.com/sharer/sharer.php?u=[URL]” target=”_blank”><img src=”facebook-shere.jpg” alt=”Facebookシェアアイコン”></a>

※参考 Facebook Share Button
https://developers.facebook.com/docs/plugins/share-button/

URLはURLエンコードする必要があります。「テキストリンクを掲載する場合(英語)」の例を掲載します。

<a href=”https://www.facebook.com/sharer/sharer.php?u=http%3A%2F%2 Fmailmarketinglab.jp%2F” target=”_blank”>Share on Facebook</a>

URLエンコードするには以下のサービスなどをご利用ください。

・URLエンコード・デコード|日本語URLをサクッと変換 | すぐに使える便利なWEBツール | Tech-Unlimited
http://tech-unlimited.com/urlencode.html

Twitterのツイートボタンの設置方法

次にTwitterのツイートボタンのテキストの場合の設置方法を紹介します。アイコンを掲載する場合は下記の例にある「ツイートする」というテキストを前述したFacebookの「シェアアイコンを掲載する場合」のようにimgタグを挿入してください。

下記例の[URL]のところにメールマガジンのWeb版ページURLを、[タイトル]をメールマガジンのタイトルを挿入します。その際、[URL][タイトル]もURLエンコードがする必要があります。

<a href=”http://twitter.com/share?url=[URL]&text=[タイトル]” target=”_blank”>ツイートする</a>

下記の記事URLと記事タイトルを載せた例は以下のようになります。

  • 記事URL : //mailmarketinglab.jp/
  • 記事タイトル : メルラボ
<a href=”http://twitter.com/share?url=http%3A%2F%2Fmailmarketinglab.jp%2F&text=%E3%83%A1%E3%83% AB%E3%83%A9%E3%83%9C” target=”_blank”>Twitterでつぶやく</a>

 Google+ボタンの設置方法

最後にGoogle+ボタンの設置方法を掲載します。他例と同じく、[URL]の箇所にメールマガジンのWebページのURLをURLエンコードして挿入してください。

<a href=”https://plus.google.com/share?url=[URL]”>Google+で共有</a>

Facebook、Twitter、Google+の設置方法例を紹介しました。共有ボタンを設置することにより、メールマガジンはソーシャルメディアの空間に飛び出すこととなります。通常、メールマガジン効果測定はクリック数を測ることが多かったかと思いますが、共有ボタンを設置した以降にはソーシャルメディア上での共有数を効果測定に加えてもいいかもしれません。

The following two tabs change content below.

赤沼 俊幸

現在は理想のWebマーケティングを研究中。集客を軸としたWeb戦略の構築が得意。トランスコスモス株式会社ではメデイアプランナー、webcreation株式会社 にてSEOコンサルティング、株式会社24-7ではインバウンドマーケティング業務を経験。

Comments are closed.

Scroll To Top