メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。
【EC担当者必見!】Google AnalyticsでECサイトの収益がまるわかり?!eコマーストラッキングを導入する方法

【EC担当者必見!】Google AnalyticsでECサイトの収益がまるわかり?!eコマーストラッキングを導入する方法

ECサイトはeコマーストラッキングを導入しましょう

前回記事ではGoogle Analyticsを活用し、メールマガジンのクリック数やコンバージョン数といった各種数値を測定する方法、PDCAを回すことによるメールマガジンの効果改善について解説いたしました。

【EC担当者必見!】Google Analyticsを活用し、メールマガジンのクリックとコンバージョンを測定する方法

本記事ではさらに踏み込み、ECサイトの売上などの各種数値を測定する方法をご紹介させていただきます。

Google AnalyticsにはECサイトの分析に強い力を発揮する「eコマーストラッキング」という機能があります。Google Analyticsを使用しているECサイト担当者はできるだけ詳細分析が可能となる「eコマーストラッキング」を導入しましょう。本記事では、eコマーストラッキングを有効にする設定方法について説明いたします。

eコマーストラッキングを正しく設定すると、購入された商品、数量、収益、各トランザクションの収益、税金、配送料、数量、ユーザーがサイト訪問から購入に至るまでにかかった日数や訪問の数などという項目からECサイトに関する様々な分析を行うことが可能です。

Google Analytics eコマーストラッキングイメージ

導入可能なEC ASPについて

EC-CUBEなどのオープンソースを使用してECサイトを構築している、またはゼロからECサイトのシステムを構築しているECサイトであれば導入はeコマーストラッキングの導入が可能です。システム担当者と相談の上、導入を進めましょう。

ASPを使用してECサイトを構築している場合はご利用のASPによって、導入できるASPとできないASPがあります。確認することができました導入可能なASPと導入方法については以下の通りです。

Eストアーショップサーブ

ネットショップ ショップサーブ l Googleアナリティクス

MakeShop

ネットショップ開業サービス。ショッピングカートなら【MakeShop】で簡単構築!

カラーミーショップ(ギガプランのみ)

Google Analytics eコマース設定 – マニュアル – カラーミーショップ

e-shop2 カート2

目標設定とeコマースについて | ネットショップのためのGoogleAnalytics | e-shopsカート2サポートスタッフブログ

WISECART(独自ドメインを利用のショップのみ)

【アップグレード】PCショップ、スマートフォンショップがGoogleアナリティクス(eコマーストラッキング)に対応しました。

Xcart

ECサイトに特化した「eコマース機能」にも完全対応! – ショッピングカート Xcart

一覧にないその他のEC ASPにつきましては、
・ご利用のEC ASPで商品購入後のページにタグを貼れるか
・商品購入後のページのタグ上に変数の受け渡しができるか
という点をご確認いただくか、または、EC ASPのヘルプページで確認、提供会社にお問い合わせください。

eコマーストラッキングを有効にする方法

上記にあげたEC ASP以外で導入する方法について説明いたします。

まずは分析したいサイトを「ECサイト」と認識させるために、eコマーストラッキング機能そのものを有効にする必要があります

1.Google Analyticsにログインし、設定したいサイトを開きます。
2.上部のバーにある[アナリティクス設定]タブをクリックします。
3.右にある[ビュー設定]をクリックします。
4.各項目を入力します(下記画像)。ウェブサイトのURLを入力し、通貨を日本円にします。
5.[e コマースの設定 – e コマース トラッキング]をオンにします。
6.[保存]をクリックします。

Google Analytics eコマーストラッキングを有効にする方法
(注)管理者権限がないと設定ができません。

※参考ページ e コマース トラッキングの設定 – アナリティクス ヘルプ

eコマーストラッキングのタグを設定する

効果を測定したいサイトの商品購入後のページに通常のアクセス解析タグとは別のトラッキングのタグを追加する必要があります。

挿入するトラッキングタグは従来型のGoogleアナリティクス(ga.js)ユニバーサル アナリティクス(analytics.js)において、貼り付けるタグが違います。以下からご利用のタグの種類を参考にして設定してください。

※ユニバーサル アナリティクスは2013年7月にリリースしたGoogle Analyticsの新しい仕組みです。2013年7月以降に新しくタグを設定していない方はga.jsをお使いだと思います。

貼り付けるタグは各値を変数に格納し、’ ‘(シングルクォーテーション)内に各値を出力するように設定する必要があります。まずはタグの設定を行いましょう。下記の’ ’(シングルクォーテーション)内の太字箇所に項目の変数を入れる必要があります。すでに挿入されている各値はGoogle Analyticsサンプルタグの値そのままですので、必ず書き換えてください。必須ではないところは空欄でも構いません。//以降はコメントアウトしている箇所ですので、そのままでも消してもどちらでも構いません。

従来型のGoogleアナリティクス(ga.js)の設定

※参考ページ Ecommerce Tracking – Web Tracking (ga.js)

ユニバーサル アナリティクス(analytics.js)の設定

※参考ページ Ecommerce Tracking – Web Tracking (analytics.js)

eコマーストラッキングタグを貼り付ける

上記で設定したタグをECサイトの商品購入ページのの前に貼り付けます。これでeコマーストラッキングの設定を完了です。設定後はGoogle Analytics左メニューの[コンバージョン]→[eコマース]で各値を確認できます。

Google Analyticsコンバージョンからeコマースの画面

次回は、これまで解説したGoogle Analyticsを活用する(1)メールマガジンのクリックとコンバージョンの効果測定方法と、(2)eコマーストラッキングの設定方法を踏まえた、メルマガ経由の売上をGoogle Analyticsのeコマーストラッキングで取得する方法を解説いたします。(執筆:赤沼 俊幸、編集:陶山 大介





ECリピーター獲得のためのメルマガ改善ガイド



The following two tabs change content below.

赤沼 俊幸

現在は理想のWebマーケティングを研究中。集客を軸としたWeb戦略の構築が得意。トランスコスモス株式会社ではメデイアプランナー、webcreation株式会社 にてSEOコンサルティング、株式会社24-7ではインバウンドマーケティング業務を経験。

Comments are closed.

Scroll To Top