メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。
HTMLメールのクリック率が大幅アップするボタン活用術

HTMLメールのクリック率が大幅アップするボタン活用術

読めばスッキリ!リピーターを作り出すメール・マーケティング

HTMLメールテンプレートでメルマガ制作はカンタン?

いまやHTMLメールは専門知識がなくても作れる時代。
HTMLメールテンプレートを使って、社内でHTMLメールを内製する方も増えてきました。

テンプレートのおかげで誰でもカッコいいHTMLメールが作れるようになったのは素晴らしいことですが、それだけで「めでたし、めでたし」とならないのがHTMLメールの奥深さ。

「せっかくキレイにできたのに、期待したほどクリック率がよくないなぁ…」というときは、読者目線で考えられていないことが原因なのかもしれませんよ?

本日は、そんなときの特効薬をご紹介しましょう!
それは「ボタン」の使い方です。

「ボタン」は、HTMLメールでメルマガを作成する強みであり、「ボタン」が使えるからHTMLメールを作る意義がある!といっても過言ではありません(いえ、ちょっと言い過ぎ…)

ところが、クリック率が伸び悩むケースでは、読者にボタンの存在をスルーされていることが非常に多い。デザイン的にキレイにまとまったHTMLメールほどその傾向が強いんです。
どこにも目が引っかからず、ザザーッとスクロールしてそのままゴミ箱行きっていうね…(悲しい)

HTMLメール内のボタンは、どんな色、どんな形、そしてどんな文言を使えばいいのか?
ボタンをどこに配置すると、ついつい押してしまうのか?

読者の目に留まるためには、ボタンについての正しい知識がないといけません。
これさえ押さえておけば、確実にクリック率アップを狙えますよ!

これが「クリックされるボタン」だ!デザインのコツを伝授

最近のHTMLメールテンプレートは、無料でもいろいろ便利な機能を搭載しています。デザインもたくさん種類があって、背景やフォントも盛りだくさん。配置もサイジングも思いのまま…と自由度が高いですね。

しかし、WEBデザインの心得がないと、自由度が高いがゆえに、迷ってしまうということもあるハズ。そんな方は、ぜひコチラを参考にしていただきたいと思います。

クリックされるボタンデザイン


  • ボタンの大きさは基本的に「コンテンツに合わせたサイズ」か「メルマガの横幅に合わせたサイズ」の2種類です。形は長方形と考えて間違いないでしょう。近年はフラットな長方形ボタンが多いですが、そんなデザインが多いからこそ、あえて立体形状を使うのも狙い目。ただし、重くなってしまうと表示に時間がかかるので(スマホだと特に)、できるだけシンプルに軽く作るのがポイント。クオリティにこだわりすぎる必要はありませんよ。

  • オススメはコーポレートカラー。とある実験では、コーポレートカラーのボタンは、関連性のない色のボタンより、押されやすいという結果が出ました。メールを受信している方も、自身に会員である自覚があるので、コーポレートカラーが有効に作用するのでしょう。
    ただし、メール内にコーポレートカラーをすでに使用している時は、ボタンも同色では目立ちません。そんなときは、コーポレートカラーと一緒に使われているアクセントカラーを使うと効果的。自社のホームページでどんな色が使われているか確かめてみてください。
  • テキスト
    よくあるボタンの文言では、「詳しくはこちら」「詳細を見る」「今すぐチェック」といったもの。読者も視覚的にこれらの文字の塊を見慣れており、瞬時にボタンだと認識してもらえるので、悪くありません。コンテンツとボタンに一体感を持たせたいときは「続きを読む」でもいいでしょう。
    「クーポン獲得はコチラ」「10%オフ対象【全10点】はこちら」など、クリックメリットを明確にすると、さらにクリックされやすくなります。

ボタンは「配置」がキモ!基本的な位置と押されやすいコンテンツデザイン

ボタンを置く位置には基本的なルールがあります。
コンテンツの邪魔にならない位置、かつアクションが起こしやすい位置。
これを考慮すると、だいたいボタンの配置は以下の2パターンになります。

20150630_1

左のボタン配置の場合、1コンテンツの範囲内に置かれており、画像のスグ横のアクションしやすい位置をキープ。1ビュー内にコンテンツ画像もボタンもすべて収まるよう、コンパクトにまとめるのがポイントです。
右のボタン配置は、スマホでよく使われるパターン。コンテンツ画像からボタンまでが近いほど、クリックされやすくなります。スマホ受信者が多いメールでは、なるべくボタンを大きめに確保できる方法を検討しましょう。指先操作がモノをいうスマホでは、ボタンが押しにくければ押しにくいほど、クリック率は下がりますので、ご注意あれ!

20150630_2

最後にもうひとつご紹介しましょう。
ボタンと画像をワンセットで見せる方法です。
この場合、無駄なテキスト文は一切使わず、見出しのコピーワークと画像だけで読者の理解を促し、いっきにクリックに持ち込みます。

上記のような作りなら、じっくりメルマガを読まなくても、瞬時に「クリックする・しない」を判断できますし、非常にクリックしやすいので読者にとっても親切です。シンプルというより、クリック率を高めるためにミニマムに絞り込んだ結果、このようなカタチになったと言えましょうか。私の経験では、このパターンで作ったコンテンツがもっともクリック率が高いです。
メルマガ内に複数コンテンツを展開するのではなく、1本勝負で攻めるのがおすすめ。
本当に自信のある商品(サービス)ならば、かなりのクリック率が稼げるはずですよ!

いかがでしたか?

最後にご紹介したパターンの場合、ボタンデザインよりも、商品の魅力をダイレクトに伝える見出しのコピーワークが重要。スポーツ新聞の見出しのような「この先が気になる」系、「この○○がスゴイ!」「ありえない!」など強い言葉で惹きつける「インパクト」系の見出しなどは、目に止まりやすいようです。ぜひぜひお試しください!





ECリピーター獲得のためのメルマガ改善ガイド



The following two tabs change content below.

NOBUHIRO YONEZAWA

株式会社ライトアップでメールマーケティング施策やコンテンツ制作のプロデュースを担当しています。愛読書は北方健三先生の大水滸シリーズです。
Loading Facebook Comments ...
Scroll To Top