メールマーケティング担当者の孤独

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ担当者は孤独を感じている?

仕事柄、様々なメルマガ担当者とお会いする機会があるのですが、多くの担当者さんが口を揃えて訴えてくることがあります。それは「メルマガ担当者は孤独だ」ということ。
痛みや苦しみなど、様々な辛さはありますが、中でも孤独は心にズッシリ響きます。仕事上の孤独は業務効率にも影響してしまうでしょう。

とはいえ、なぜメルマガ担当者さんたちはそれほど孤独を抱えているのでしょうか。今回はメルマガ担当者が抱える孤独の原因と対策をご紹介したいと思います。

メルマガ担当者を苦しめる3つの孤独

仕事上で孤独を感じることは多かれ少なかれ、誰しもが経験したことがあるのではないでしょうか。いわば仕事を行う上での共通の障害と言えるかもしれません。当然、メルマガの担当者にとっても孤独はつきもの。メルマガ担当者の場合、主に3つの孤独があると思います。

第一の孤独:評価者がいない孤独

最初の孤独は、業務を正当に評価してくれる人がいないことに対する孤独です。メールマガジンの場合、売り上げが上がるなど、直接的な結果が見えづらい場合が多いため、起きる現象です。制作業務においても、基本的にはデスクの上で配信結果と格闘するか、テキストを制作する形になるので、周りからするとなにをしているかが不明瞭になってしまいます。また、これは個人的な見解になるのですが、日本企業はまだまだマーケティングへの理解が浅いように感じられます。こうした周りの知識のなさもメールマガジンの正当な評価を妨げる原因となっているのではないでしょうか。

第二の孤独:相談者がいない孤独

次の孤独は、メールマガジン制作業務について相談できる人がいない孤独です。メールマーケティングの部隊は少数であることが多く、小さい企業などでは一人で専任していらっしゃる方もいるかもしれません。加えて、周りは先ほどもお伝えしたようにマーケティングに明るい人も少なくなっています。このような状態では施策に迷ってしまった際に、相談できる場所がなくなってしまい、孤独を感じてしまいます。
悩みながらも一人配信結果とにらめっこ。これはなかなか辛いですよね…。

第三の孤独:同士がいない孤独

最後の悩みは、同じメールマーケ担当者との出会いが少ないために起きる孤独です。メールマガジンは様々な企業が導入しているマーケティング手法ですが、マーケティング情報は企業にとって重要な情報ということもあり、そのノウハウをあまり共有することはありません。また、単純に他社の事例をあてはめても自社のユーザにフィットするかは不明であり、スタンダードな対応基準が設定しにくいことも孤独を深める要因になっています。

担当者の孤独を癒やす方法

では、こうした孤独はどのように払拭すればよいのでしょうか。ここからは、その対応策をご紹介していきたいと思います。

まずは、評価者がいない孤独についてですが、こちらは単純明快に成果をアピールすることが孤独を癒やす方法です。評価されにくい要因として、成果がわかりにくいことがあるので、数字の変化や、改善ポイントなどをまとめた報告書を作るなど、社内共有の機会をできるだけ取るようにしましょう。また、上司と評価基準をしっかり設けておくことも大切です。

次に、相談者がいない孤独。こちらについてはわかりやすいところで言えば、他社の成功事例などから学ぶことが有効です。相談者とは異なりますが、少なくとも自社のデータだけを見るよりも改善策が見えやすくなるでしょう。また、手前味噌にはなりますが、私たちのような制作会社に相談してもよいでしょう。よい相談相手になりますよ?

最後は同士ですが、これはセミナーや展示会などに足を運ぶとよいでしょう。公のイベントであれば、自他ともに公開情報のみでのやり取りになりますし、場合によってはセミナーでしか聞けない情報なども得られることがあります。基本的に参加しているのは同業者の方ばかりなので、人脈づくりにもつながります。

配配メールではそういった孤独を少しでも解消すべく、配配メール契約企業様同士で意見交換が行える「ユーザー会」を定期的に催しています。そこでは、前述した意見交換以外にも、”メールマーケティングの最新トレンド”セミナーや成功事例を該当企業様から直接お話しいただくサクセスケースのご紹介、メール文面の添削など様々な企画をご用意しております。担当者様がメールマーケティングの成功に一歩でも近づけるよう、今後も「ユーザー会」を開催していく予定ですので、ぜひご参加くださいませ。

関連記事:配配メールユーザー会レポート

関連記事:第2回 配配メールユーザー会レポート

関連記事:第3回 配配メールユーザー会レポート


いかがでしたでしょうか?メールマガジン担当者は、なかなか孤独と苦労の多い業務です。今回の内容を参考に、その孤独を少しでも癒すことができるのであれば幸いです。また、リアルな相談者が必要な場合は、ぜひお気軽にご連絡ください。

The following two tabs change content below.

米澤 信弘

株式会社ライトアップでメールマーケティング施策やコンテンツ制作のプロデュースを担当しています。愛読書は北方健三先生の大水滸シリーズです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

お役立ち資料