メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。

Author Archives: 米澤 信弘

メール配信の効果はいつまで?メルマガの賞味期限の変化

賞味期限切れはおいしくない… 世の中の食品には全て賞味期限が記されています。あるいは機械や家具には耐用年数など、おいしく、または快適に使える期間は限られているものです。それはメルマガにとっても同じことが言えます。 賞味期限をきちんと知らなくては、狙った効果も半減、または無効になってしまうことも。おい ... 続きを読む »

サンキューメールはビジネスチャンス?サンキューメールの活かし方

BtoBメールの作り方とは? 感謝の気持ちを伝えること。それは人とのコミュニケーションにおいて、何よりも大切なもの――。小さいころに大人から口を酸っぱくして言われたでしょうし、ビジネスの場面でもお礼の気持ちを伝えることは大切だと習ったはず。なにかをしてあげたのに、お礼をされないとムッとしてしまいます ... 続きを読む »

不定期のメールにこそチャンスあり!特別な日を祝う「バースデーメール」の作り方

定期配信以外のメール、送ってますか? メルマガというと、基本的には決まったタイミングで配信を行うものです。しかし数あるメルマガの中には、ユーザの状態やアクションに応じて配信するものがあります。ユーザの反応に即した内容を送ることにより、定期配信よりも大きな反応を得られることが期待できるのです。今回はそ ... 続きを読む »

ビジネスマンをとりこにするメール作法~BtoBメールの作り方~ Vol.02

BtoBメールの作り方とは? 前回はBtoBメールの種類や、トレンドについてお伝えいたしました。今回は実際のメールの作り方についてご紹介します。ビジネスアカウントに対してBtoBメールを送る場合は、BtoCとはまた違ったポイントがあります。しっかりポイントを抑えて効果的なBtoBメールを作りましょう ... 続きを読む »

ビジネスマンをとりこにするメール作法~BtoBメールの作り方~ Vol.01

「C向け」「B向け」でなにが違う? メールマガジンと言えば、セール情報を記載したメールや、コンテンツの更新をお知らせするメールなど、消費者個人に向けたメールマガジンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?そういったメールを「BtoC(消費者=Customer)メール」と言います。メルマガのもうひ ... 続きを読む »

メルマガで購買意欲をかき立てる!販促メールのイロハ(前編)

メルマガとは売ることと見つけたり 前回はメルマガにおけるブランディングについてご紹介しました。ですが、メルマガといえばやはり「商品を紹介して買ってもらうために発行するもの」ということをイメージする人も多いのではないでしょうか?確かにメルマガは販売色の強弱こそあれ、最終的には自分たちのサービスを買って ... 続きを読む »

ブランディングを成し遂げるメルマガ作成法

ブランドものは好きですか? 前回はブランドとはなにか、また自社サービスをブランドとするためのメルマガにおける基礎ロジックについて紹介しました。ではそのロジックをどのように表現していけばよいでしょうか?今回はより具体的に、メルマガでブランディングを成し遂げる方法についてご紹介いたします。 ブランドって ... 続きを読む »

WEBにおけるブランディングとは。メルマガの役割を解説

WEBにおけるブランディングとは。メルマガの役割を解説

ブランドものは好きですか? ブランドという言葉を聞くと、真っ先に思い浮かぶのは洋服やバッグ、靴などのアパレルブランドではないでしょうか。ブランド=高級というイメージがまず思い浮かびます。でも、ゲーム機や車のメーカーだってブランドですし、さらに細かく言えば、そのメーカーの車種もブランドのひとつです。こ ... 続きを読む »

営業メールは迷惑メール?読んでもらえるBtoBメルマガ作成のポイント

社会人のメール作法はメルマガにもある 企業から展示会や営業などで名刺を交換した人に対して送るメルマガを、BtoBメルマガといいます。 営業活動の一環として、自社の最新情報や、展示会の出展情報などを紹介し、休眠しているユーザの掘り起こしや、新規受注へとつなげることを目的としています。 例えばBtoC( ... 続きを読む »

最適なメルマガのボリューム感とは?

長い文章を読むの、疲れませんか? たとえば新しい家電製品を買ったとき、文字がびっしり書かれた説明書をあなたは読んでいるでしょうか?あるいは文字の多い教科書を見ていたら、眠くなってしまった、なんて経験はないでしょうか? 「大事なことだからしっかり書かなきゃ!」と気合いを入れて書いた文章も、ユーザの心理 ... 続きを読む »

Scroll To Top