メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。

営業力アップ!メール活用術 / 株式会社アイ・コミュニケーション

訪問したくないならメールを送ろう

私も起業する前は営業職でした。クライアントに電話をするよう上司から指示を受け、嫌々電話をしたことが思い出されます。久々に電話をしても何を話していいか分からない。そもそも相手が覚えていない可能性もある。タイミングが悪くて「今さら何の用だ」と怒られるかもしれない。そのため電話をする気がなかなか起こらない ... 続きを読む »

主導権を握るメールの書き方

営業活動をしていると、お客さまから無茶ぶりをされることも珍しくないのではないでしょうか。料金交渉だったり、納期の変更だったり、「明日までに○○をやってほしい」などの依頼だったり。どうしても買っていただくという気持ちがあるため下手に出てしまい、主導権を握られることもあるでしょう。 今回はどうやったら主 ... 続きを読む »

諦めずに質問をし続けよう

営業活動をしていると断られることは日常茶飯事。何度も提案に行ったのに、最終的にはお断りの連絡がきてガッカリすることも。お客さまから返事をいただけず、そのまま放置していることもあるでしょう。 営業活動は白黒つけることが大事ですが、お客さまの「お断り」を鵜呑みにしていませんか?もしかしたら、そこでチャン ... 続きを読む »

添付ファイルを正しく扱おう

メールには「ファイルを添付して送る」という便利な機能があります。10年以上前は、データをCD-ROMに焼いてバイク便で送ることもありました。しかし今では、大容量のファイルもメールに添付したり、サーバーにアップしたりするなどして簡単に送れるようになりました。今回は、お客さまに好印象を与える、気が利く人 ... 続きを読む »

メール営業は点でなくて線で考えよう

1通1通のメールはうまいけれど、なかなか成果に結びつかない。そういう人は、多くのケースで打ち手が単発になっています。メール営業は1通1通の点がつながり線になってはじめて成果をあげます。成果があがらないときは、つながりをもっと意識してみましょう。 打ち手が単発になってしまうのは次の一手がイメージできて ... 続きを読む »

月に1回でいいからメールで接触しよう

私は以前、求人広告の会社で営業マンをやっていました。営業マンの使命は売上を上げること。ですが、待っていても売上は降ってきません。お客さまへのアプローチが必須です。 営業成績が悪い人に共通する特徴 営業成績がなかなか上がらない私は、上司から「○○さんへこまめに連絡をしているか?」「アプローチが少ないん ... 続きを読む »

一斉メールはBCCで送っていいの?

BCCで営業メールが届くと、どうしても違和感を覚えてしまいます。「雑な対応だなぁ」と感じてしまうのです。なぜそう感じるのかを説明しましょう。 例えば、面識のある相手から、年末年始の休暇の案内がBCCで届いたらどうでしょう。一斉送信で形式的な連絡を送っている。そのサインにもなるので、そこまで違和感は生 ... 続きを読む »

問い合わせフォームから営業していいの?

営業力アップ!メール活用術 第4回 最近、問い合わせフォームから営業メールが届くことが増えました。 弊社の場合、ホームページに問い合わせ先としてフォームを用意し、メールアドレスも記載しています。フォームからいろいろな営業の問い合わせが入りますが、メールの文面がそのままフォームに貼り付けられているもの ... 続きを読む »

メールは何回送ったらいいの?

営業力アップ!メール活用術 第3回 前回の記事「メール営業の正しいタイミングとは」では、メールを送るタイミングについて解説しました。今回は、メールを送る回数について、そのノウハウを伝授しましょう。 「メールって何回送ったらいいですか?」 この質問は、今まで何回受けたか分かりません。営業担当者としては ... 続きを読む »

メール営業の正しいタイミングとは

営業力アップ!メール活用術 第2回 メールを送るタイミングを軽視している営業パーソンが多いように感じています。ここで、象徴的な事例をいくつかご紹介しましょう。 名刺を集めて終わりになっていませんか? 私は仕事柄、営業プロセスを見るのがとても好きです。今の営業のトレンドが分かるし、営業を受けることでい ... 続きを読む »

Scroll To Top