メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。
コピペで使える、テキストメルマガで使える飾りパーツ別まとめ

コピペで使える、テキストメルマガで使える飾りパーツ別まとめ

テキスト形式のメルマガを、読みやすく、きれいにしたい!そんな方のために、テキストメルマガで使える飾りをご紹介します!
メルマガのパーツ別に飾りのポイントを踏まえながら、テキストメルマガを見やすく飾っていきましょう!記事内で紹介している飾りは、コピペでメルマガに使えますよ!

メルマガを飾る時に大切なのは、読みやすさ

メルマガで使える罫線や枠線を紹介しているWebページはたくさんありますが、「いったいどれを使ったらいいの?」と迷ってしまうこともしばしば。そんな時は、まずメルマガを飾る理由に立ち返ってみましょう。
メルマガを飾る理由はずばり「読みやすさ」です。テキストメルマガは、色を変えたり画像を使うことができません。そこで、線や記号、空白などを上手く活用して、読みやすくする工夫が必要です。そのため、テキストが読みづらくなってしまうものは、飾りにはあまり向いていません。
さらに、飾りで使用する記号や線は、ターゲットやブランドイメージに合ったものにすると良いでしょう。BtoBビジネスの場ではシンプルで直線の記号、女性向けのカジュアル内容であれば「☆」や「*」などの可愛らしい記号など、読み手に合わせて飾り方を変えることも考えられます。
また、飾りの文字数は、PCで読まれるならば全角30字程度スマートフォンで読まれるならば全角20字程度にすると、途中で改行してしまうリスクを減らすことができます。
以下では、メルマガを「ヘッダー」「目次」「小見出し」「フッター」の4つに分けて、飾りのコツとサンプルをご紹介していきます。

最もクリックされる可能性が高いヘッダーには、URLを必ず記載

ヘッダーは、メルマガ本文の顔となる部分です。特に、メルマガをじっくり読まなくなっている昨今、ヘッダーでの掴みはメルマガの成果を左右すると言っても過言ではありません。
そんなヘッダーの最大のポイントは「リンク先URLを記載すること」です。テキストメルマガの場合、メルマガ本文よりも、リンク先のWebページの方が、伝えられる情報が多いですよね。メルマガを開いた読者が必ず目にするヘッダーの部分に、最も伝えたい情報を設置するようにしましょう。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
メインコンテンツの見出し
リンク先URL
○○通信 ○月○日号
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
メインコンテンツの見出し
リンク先URL
○○通信 ○月○日号
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

*.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.*
メインコンテンツの見出し
リンク先URL
○○通信 ○月○日号
*.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.*

※スマートフォン向けメルマガの場合、1行の最大文字数を全角20字に調整してください。

1つのメルマガに複数のコンテンツがある場合、目次があるとベター

1つのメルマガに複数のコンテンツがある場合、簡易な目次があると親切です。複数のコンテンツがあるメルマガは長くなってしまいがち。ところが、長いメルマガは、メルマガ読者が購読をやめてしまう原因になることがあります。それを防ぐためには、長くても読者が欲しい情報がどこにあるのか、冒頭で伝えてあげることが大切です。
ちょっとしたことですが、「読みやすさ」を忘れないようにしたいですね。

─目次───────────────────────────
1.コンテンツ見出し
2.コンテンツ見出し
3.コンテンツ見出し
──────────────────────────────

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1.コンテンツ見出し
2.コンテンツ見出し
3.コンテンツ見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

*.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.*
1.コンテンツ見出し
2.コンテンツ見出し
3.コンテンツ見出し
*.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.**.*


※スマートフォン向けメルマガの場合、1行の最大文字数を全角20字に調整してください。

コンテンツ見出し

各コンテンツの見出しは、もちろん目立たせる必要がありますが、あくまでも「ここから○○についての話が始まりますよ」と読者に伝えるためのもの。過剰な装飾や、数行にわたる壮大なアートは、読みづらさを助長するだけです。コンテンツの見出しはヘッダーの見出しよりも控えめにし、コンテンツが複数ある場合には、数字を入れても良いでしょう。

┌─┐
│1│ 見出し
└─┴───────────────────────────

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ 見出し
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

……………………………………………………
: 1 : 見出し
……………………………………………………


※スマートフォン向けメルマガの場合、1行の最大文字数を全角20字に調整してください。

フッター:特定電子メール法に定められた表示項目を記載しよう

いよいよテキストメルマガで使える飾りのご紹介も最後になりました。多くのメルマガで、フッターには送信者の署名が記載されています。署名には、特定電子メール法の「表示義務」に沿った内容を書きましょう。

1.送信者などの氏名または名称の表示
2.オプトアウト(受信拒否)の通知ができる旨の表示
3.オプトアウト(受信拒否)の通知を受け取るための電子メールアドレスまたはURL
4.送信者の住所、苦情・問い合わせなどを受け付けることのできる電話番号、電子メールアドレス、URL

フッターの署名部分には、これらの要素を忘れずに入れましょう。

☆★────────────────────────────
発行元:○○株式会社  配信担当 ○○
所在地:○○県○○市*-**-*
メール:xx.xxxx@xxxxx.co.jp
電話  :0*-****-****

本メールは、○○会員の皆さまにお送りしております。
今後メールを受信されない方は、大変お手数ですが
以下のURLより配信解除のお手続きをお願いいたします。

配信解除用URL
────────────────────────────★☆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
発行元:○○株式会社  配信担当 ○○
所在地:○○県○○市*-**-*
メール:xx.xxxx@xxxxx.co.jp
電話  :0*-****-****

本メールは、○○会員の皆さまにお送りしております。
今後メールを受信されない方は、大変お手数ですが
以下のURLより配信解除のお手続きをお願いいたします。

配信解除用URL
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*.
発行元:○○株式会社  配信担当 ○○
所在地:○○県○○市*-**-*
メール:xx.xxxx@xxxxx.co.jp
電話  :0*-****-****

本メールは、○○会員の皆さまにお送りしております。
今後メールを受信されない方は、大変お手数ですが
以下のURLより配信解除のお手続きをお願いいたします。

配信解除用URL
.*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*.


※スマートフォン向けメルマガの場合、1行の最大文字数を全角20字に調整してください。

いかがでしたか?今回お伝えしたポイントを踏まえて、普段送っているメルマガを見返してみてください。もし改善できそうなところがあれば、今回ご紹介したサンプルをコピペして、読みやすさを比べてみてくださいね!





メール配信システム「配配メール」



The following two tabs change content below.

芹澤 はずき

Mail Marketing Lab.(メルラボ)前編集長。法人向けクラウドサービスのマーケティング業務に従事。インバウンドマーケティング、デマンドジェネレーション、セミナー講演などを行っています。太っている猫とビターチョコレートが好きです。

Comments are closed.

Scroll To Top