メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。
受け取るとなんだかワクワクする!GIF動画付きメールを知っているか?
GIF file document icon. Download GIF button icon seamless pattern on white background. Flat design. Vector Illustration

受け取るとなんだかワクワクする!GIF動画付きメールを知っているか?

動画と静止画のワクワク感の差

例えば映画を見るときに、その映画を知る手段として、予告編動画やポスターがあります。後者も完成度が高くワクワクしますが、予告編動画のほうが絵が動いていて、なおかつ本編のセリフなんかも入っていて、よりワクワクしますよね。動画と静止画だと、やはり受け取る印象は大きく違ってきます。

今回はそんな動画の魅力を手軽にメールに詰め込める、GIF動画について紹介します!

動画なの?静止画なの?GIF動画とは?

まずはGIF動画についてご紹介しておきたいと思います。GIFについてはご存知の方も多いと思いますが、いわゆる画像のファイル形式の1つです。一般的なJPGなどよりもファイル容量が少なく済むというメリットがあります。では、GIF動画とはなんでしょうか?GIFだから静止画ではあるのですが、動画のように動きます。その秘密は古典的なアニメーションの原理と一緒。少しづつ動きのある画像を重ねてパラパラ漫画のように順番に表示させることで、動きをつけている画像です。

もちろん、そのコマをどんどん細かくしていくとほぼ動画のような滑らかさになりますが、それでは容量が重たくなってしまいます。だから一般的にGIF動画は動画よりもカクカクとした動きのものが多くあります。とはいえ、軽いファイル容量で動きを表現できるのはメリットといえるでしょう。

このGIF動画、なにも新しいものというわけではなく、かなり昔から存在しているもの。しかし、近年このGIF動画をメールマガジンなどに掲載する場合が増えてきています。この動きは2010年以降ではないかと思います。

その秘密とはいったいなんなのでしょうか?

メールに付けられるようになったのは技術の進歩

では、なぜGIF動画が近年流行の兆しを見せているのでしょうか?そこにはインターネットの発展が大きく関与しています。

まず、GIF動画は通常のメーラーなどでは開けない場合が多くありました。画像が動かない、消えるというのは非常にデメリットのあることなので、それゆえにこれまでメルマガでは回避されていました。しかし、会社のメールでさえもWEBメールなどが使われるようになり、また、メーラー自体の進化によって、GIF動画が再生可能なメーラーが増えてきました。

また、再生できるファイル容量も増えていることも関係しています。
このようにGIF動画の掲載は、ネットの発展の賜物だと言えるのです。

GIF動画のメリット・デメリット

ではGIF動画を添付することで、どのようなメリットが考えられるでしょうか?ここではGIF動画のメリット・デメリットについてご紹介します。

メリット
まず、メリットについてですが、やはりユーザに与えるインパクトが大きいでしょう。冒頭でお話したように動画はその商品サービスの本質が見えやすく、また与えられる情報量も大きくなります。例えばロボット掃除機などは静止画で見るよりも、実際に動いているほうがその魅力が正しく伝わりますよね?

デメリット
しかしもちろんデメリットもあります。まずはファイル容量の増加があります。動画ほどではないですが、アニメーションである以上、GIF動画は通常よりもファイル容量が大きくなります。また、対応しているメーラーが増えてきているとはいえ、やはり見られない場合もまだまだあります。さらに、動画を作る必要があるため、制作コストが高くなります。

なかでもやはり見られない可能性は十分に考慮しなければなりません。

このように、メリットも大きいですが、デメリットもあるのがGIF動画の添付されたメルマガです。ですので、送信をする場合はユーザの環境をしっかり確認した上で、ここぞというときに送るようにしましょう。

デメリットは危険ではありますが、うまくユーザの心をつかめば、その効果はかなり高くなります!勝負どころを見極めて、GIF動画メールを送ってみてはいかがでしょうか?





メール配信システム「配配メール」



The following two tabs change content below.

米澤 信弘

株式会社ライトアップでメールマーケティング施策やコンテンツ制作のプロデュースを担当しています。愛読書は北方健三先生の大水滸シリーズです。

Comments are closed.

Scroll To Top