すでにある名刺の活用で新規開拓を効率化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社ではお客様から、「新規の営業リストを購入したのでアプロ―チしていきたい」「新規の営業リストが足りない」といったご要望を伺うことがよくあります。一方で、これまでの営業活動で獲得した名刺や、お客様のメールアドレスなどの情報を、獲得してから放置してしまっているというお話も多いのが実情です。そこで今回は、すでにある名刺やお客様リストの活用をテーマに、ノウハウや事例をご紹介します。

 

休眠顧客の掘り起こし営業の重要性

過去に飛び込み営業や展示会で名刺交換をしたり、お電話口で担当部署やメールアドレスを伺ったりしたお客様の掘り起こしには3点のメリットがあります。

追加の顧客獲得コストがかからない

1点目は、追加の顧客獲得コストがかからないという点です。これまで接点のない新しいお客様を開拓するためには、活動の時間や費用といったコストがかかります。例えば飛び込み営業の場合、1度の訪問で担当者と接触できなかった場合、訪問するたびに時間が取られますし、交通費や営業担当者の人件費がかかります。しかし、すでに名刺交換をしているお客様の場合、担当者のお名前やメールアドレスといった個人情報がわかっているので、追加で獲得コストがかかることはありません。

関係性構築がスムーズ

2点目は、関係性の構築が早いという点です。これまで接点のない新しいお客様との関係性はゼロからのスタートになりますが、一度接点を持っているお客様の場合、「〇月頃にこういった経緯でお名刺交換させてもらっていたのですが・・」とお伝えすると「そんなこともあったな」と話を進めやすいこともあります。まして一度商談まで実施していた場合、過去に自社サービスに興味を持ってもらったお客様ですので、サービスの認知がない新しいお客様よりも話を聞いていただきやすいと言えるでしょう。

接触効率がよい

3点目は、接触効率がよいという点です。これまで接点のない新しいお客様を開拓する場合、担当者の部署名やお名前といった個人情報がないため、訪問や電話で受付ブロックにあってしまい、担当者となかなか接触ができないということもあるかと思います。すでに名刺交換をしているお客様の場合、担当者の社用携帯に電話ができたり、代表電話に電話する際も「以前こういう経緯でお話しておりまして・・」と接触があったことを受付にアピールできたりするので、接触効率が上がります。

 

以上のように、過去に接点のあったお客様に再度アプローチをかけることで、効率的にアポイント獲得や受注獲得に結び付けることができます。併せて、接点のないお客様の開拓は継続することでアプローチリストが蓄積されていくため、見込みのお客様の数も増やすことができます。

関連記事:実は有効!?新規開拓における掘り起こし

 

具体的な掘り起こし営業の方法とは

掘り起こしのメリットを前述しましたが、これまで掘り起こし活動をしていなかった営業組織において、掘り起こしまで手をかける余裕がない、というお声もよく伺います。

例えば、電話でのアプローチを想定した場合、
・各営業担当でまとまった名刺の数があるため全てのお客様にアプローチし切れない
・名刺交換から期間が空き、検討意欲の低いお客様ばかりのため、アポイントの獲得効率が悪い
といった課題があります。

弊社でも、電話のみで掘り起こしをしていた際はこうした課題に苦戦しました。アポ率が不安定で行動計画が立てにくいほか、過去の接触から期間が空いているお客様への興味付けにはスキルが必要なため、ベテラン社員でないとアポが取りにくいものの、ベテラン社員は他の商談対応で時間が取れない、といった具合です。

そこで弊社では、ただやみくもに掘り起こしのテレアポを行うのではなく、メール配信を活用しております。例えば、メールのみでアポイント獲得をしたり、メールに反応のあった検討意欲の高いお客様を抽出して電話をかけたりすることで効率を上げています

メール配信と聞くと「運用が大変なのでは?」と想像される方もいらっしゃるかと思います。そこで最後のパートでは、どんなメール配信を実施してアポイントの獲得や受注獲得といった成果に結びついたかという弊社の事例をご紹介します。

 

アポイント獲得に直結!誰でもすぐに運用できるメール配信事例

セールスメール

弊社では、半年に1度、これまで接点のあったお客様宛にアポイントを打診するメールを配信しています。1回の配信で10~20件の返信をいただき、配配メールのサービス紹介を含めたアポイントをメールだけで5~8件獲得し、商談後受注も出ています。ちょうど再検討のタイミングになったお客様が能動的に返信をしてくださるため、大変効率よくアポイント獲得ができています。

▼実際の配信内容

 

イベント後フォローメール

弊社では、新規のお客様リスト獲得施策のひとつとして定期的に展示会に出展したり、WEBセミナーを開催したりしております。展示会で名刺交換をしたお客様やWEBセミナーに申し込みがあったお客様には後日電話をしておりますが、電話営業チームの人手が足りずすぐに電話ができないこともあり、イベント開催後から3-4時間以内を目安にメール配信をしております。成果としては、セミナーの内容などにもよりますが、1開催あたりメールへの返信は3件、アポイントは平均2件獲得できています。好評なセミナーの場合、159件の申し込みからメールだけで10件のアポを獲得できた事例もございます。メールはテンプレート化しているため、一回の配信につき10分程度の作業時間で運用ができています。

▼実際の配信内容

 

関連記事:セミナーやイベント開催している企業様必見!開催後のメール配信でアポ獲得できた事例を紹介

 

商談後フォローメール

BtoB営業はBtoC営業よりもお客様の検討期間が長期化することが多いと言われています。法人での意思決定には、他社比較やセキュリティチェック、費用対効果の検討や各関係者との調整など、個人の意思決定に比べて検討項目が多いためです。また、調査会社のデータによると、「営業が追わないと判断し追客しなかった案件のうち約8割が2年以内に競合他社から製品を購入」というデータもあり、商談後、検討が停滞してしまったお客様へのアプロ―チは受注活動のためには必須と言えます。弊社ではこうしたお客様にもメール配信を活用することで、電話でのアプローチをしていた際と比較して稼働を10分の1に削減し、かつ、電話でのアプローチ時と同じアポイント数を獲得できています。毎月1回配信しておりますが、イベント後フォローメール同様テンプレートを活用しているため、配信作業は10分程度です。

▼実際の配信内容

 

まとめ

掘り起こしの重要性と、メールを活用したアポイント獲得の事例をご紹介しました。事例は簡単に運用ができてアポイント獲得に直結したものを列挙しておりますので、何か1つでもお試しいただくきっかけになれば幸いです。

配配メール事業部では、自社で実際にメールマーケティング施策をおこなって得たノウハウを提供しております。前述の事例以外でもアポイント獲得に繋がった施策は多数ございますので、気になる方はぜひお問い合わせください。

 

関連記事:実は有効!?新規開拓における掘り起こし
関連記事:セミナーやイベント開催している企業様必見!開催後のメール配信でアポ獲得できた事例を紹介

 

配配メール「信頼と実績のメール配信サービス」
The following two tabs change content below.

野田 実華子

新卒で製造業特化型の求人広告の営業に従事、新規領域の顧客開拓チームで18ヶ月連続で個人営業目標達成。 ​2019年2月にラクスに入社し、累計300社以上の多様な業種・規模の企業へ電話・Web商談のみでメールマーケティング運用の提案を行う。 2020年10月よりインサイドセールスで受注率を上げるコンテンツ企画をスタートする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

タグで調べる・探す

  • 配配メールバナー