メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。
メールマーケティングにおける配信時間・頻度・形式【連載第5回】

メールマーケティングにおける配信時間・頻度・形式【連載第5回】

BtoBメールマーケティングに関する5大質問とは?

前回は、メールマーケティングにおける「何のために(Why)」「誰のために(Whom)」「何を(What)」が決まれば、今度は「How(どのように)」がイメージできてくるはずだ・・・というお話しをしました。
BtoBメールマーケティングのセミナーで必ずと言っていいほど聞かれる「How(どのように)」に関する質問は、以下の5つです。

1)何曜日に配信するのがいいか?
2)何時くらいに配信するのがいいか?
3)何回くらい配信するのがいいか?
4)テキスト形式と、HTML形式はどちらがいいか?
5)BtoBでもスマートフォン対応が必要か?

順番にお答えしていきましょう。

(1)何曜日に配信するのがいいか?

BtoBのメールマガジンは、一般に以下のように読まれていると言われています。

週明けでたまったメールを片付けなければならない月曜日と、週末に向けてその日中に仕事を片付けてしまいたい金曜日は、反応が落ちがちに。
火曜日~木曜日に送信するとよいでしょう・・・というのが通説です。
ただし、これは一般論。
たとえば美容院は月曜日休みのところが多く、飲食店は火曜日休みのところが多いですよね。このように業種によって曜日ごとの動きは異なりますので、「うちのお取引先様の場合、何曜日が一番見ていただきやすいのか?」は、A/Bテストで確かめてみることをお勧めします。

(2)何時くらいに配信するのがいいか?

BtoBのメールマガジンは、一般に以下のように読まれていると言われています。

朝夕の通勤時間に読まれる率が最も高く、昼休みも高くなる・・・というのが通説です。
ただし、これも一般論。「うちのお取引先様の場合、何時頃が一番見ていただきやすいのか?」は、A/Bテストで確かめてみることをお勧めします。
ちなみに、メールは配信後1時間以内に読まれる率が最も高いと言われていますので、「一番読まれる確率の高い時間帯」ジャストから30分前くらいまでに配信するとよいでしょう。

(3)何回くらい配信するのがいいか?

配信頻度も、皆さんがよく気にされることのひとつです。
弊社調査(※注1)によると、「企業から送られてくるメールマガジン(ニュースレター)の適切な頻度は?」という問いに対して、
■1位:週に1回程度 44.9%
■2位:2週間に1回程度 22.4%

という回答が得られています。
ただし、配信頻度に関しては、受け取り手がどう感じるかという点と並行して、「その頻度で、品質のいい情報発信を継続して実施することができるのか?」という点についても、よく考える必要があります。
体制を含む運用については、次回以降でお話ししていく予定です。

4)テキスト形式と、HTML形式はどちらがいいか?

ここでもう一度、テキスト形式とHTML形式の違いを簡単に確認しておきましょう。

形式を決める際には、上記のメリット/デメリットをよく理解した上で判断するようにしてください。
BtoBメールマーケティングでは、あまり表現力を求められないことから、これまではテキスト形式が主流でした。
しかし、昨今「開封率を取得したい」という意識が高まっているため、ロゴや罫線を画像にする程度の、ごくシンプルなデザインのHTMLメールマガジン形式にしたり、あるいは、リッチテキストと呼ばれる「見た目はテキスト形式だけど、実はHTML形式なので開封率が取得できる」という形式を採用したりする企業も増えてきています。

5)BtoBでもスマートフォン対応が必要か?

弊社調査(※注1)によると、「企業から送られてくるメールマガジン(ニュースレター)を何で読むか?」という問いに対して、「パソコンでしか読まない」と回答したのは、32.6%のみでした。

67.4%のビジネスパーソンが「スマートフォンでも読む」と回答している以上、「BtoBであっても、メールマガジン(ニュースレター)のスマートフォン対応はマスト」と言えるでしょう。

次回は、「How(どのように)」のうち「運用」について詳しくお伝えしていきますので、お楽しみに!

 

※注1 【調査結果発表】 BtoBメールマガジン閲覧実態の把握
http://gliese.co.jp/whitepaper/report_email201706/





メール配信システム「配配メール」



The following two tabs change content below.

江島 民子

コンテンツマーケティングの専門会社 株式会社グリーゼ代表取締役。最近は、コンテンツの設計だけではなく、コミュニケーションの設計からお手伝いする案件が増えています。

Comments are closed.

Scroll To Top