メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。
メルマガのキラーコンテンツ!男女別人気の参加型コンテンツとは?
Happy mature coach leader mentor and diverse interns group raising hands together at meeting, business class or training as concept of team unity, voting, supporting idea, engaging in teambuilding

メルマガのキラーコンテンツ!男女別人気の参加型コンテンツとは?

異性の気持ちはいつだって謎…

「女性ってホントわからん…」「男の人って何考えてるかわかんない…」

わたしは正直なところ、女心に敏感ではありません…そのことが原因で同僚の女性から怒られることもしばしば(笑)。長い間一緒にいても、性別による考え方の違いを理解することはなかなか難しいです。しかし、ことメルマガに関していえば、男女の嗜好の違いについてはある程度わかっているつもりです。なんといっても積み重ねたデータがありますので(笑)そこで、今回はそのデータから導き出した、男女別の人気参加型コンテンツについて考察してみたいと思います。

参加型コンテンツとは?

まず、はじめに参加型コンテンツとはどのようなコンテンツか、についてお話したいと思います。参加型コンテンツとは、ユーザがなにかしらのアクションをすることで完結するコンテンツのことを指し、ユーザにただ情報を与えるだけでなく、巻き込むことが出来るコンテンツとして、近年人気となっているコンテンツです。

ちょっと例えは違うかもしれませんが、家でライブのDVDを見るよりも、会場でリアルにライブに参加するほうが楽しいですよね?同じようにコンテンツも、ただ見るだけでなく、なにかしら能動的に動くことで、ユーザの興味を引くことが出来るのです。

さて、そんな参加型コンテンツにはどのようなものがあるでしょうか?わたしがよく提案する参加型コンテンツとしては、以下の4つがあります。

 ①診断コンテンツ
 ②占い
 ③クイズ
 ④参加型コラム

診断コンテンツに関しては、いわゆる心理テストのようなもので、性格分析などのほか、適職診断、理想の恋人など、ユーザの様々なタイプを分析するコンテンツです。最近ではSNSでシェアさせることを目的に利用されたりもしていますね。占いに関しては、説明が不要かと思います。メジャーな星占いや、四柱推命など、様々な手段で運勢を占います。クイズについてもそのものズバリ!ユーザに設問を投げかけて、その答えをリンク先で発表するコンテンツになります。

参加型コラムに関しては、少々扱いが難しいところですが、コラムの最初でユーザに疑問を投げかけることで、興味を引き、リンク先に遷移してもらうコンテンツです。どちらかというとクイズに近い形態になります。

どのコンテンツが男女で人気?

では、これらの参加型コンテンツに対して、男女でどのような違いがあるのでしょうか?

結論からいえば、女性に人気なのが①診断コンテンツ、②占いで、男性に人気なのが③クイズ、④コラムとなる傾向があります。

女性人気の高いコンテンツは診断に占いと、外部からの助言を求めるコンテンツが多いのに対し、男性側はクイズにコラムと、自分の知識を試す、あるいは補填するコンテンツが多い傾向にあるようです。

男性側は自分の力で問題解決を図りたいという思いが強くあり、それを試すことやさらに解決力を上げるための情報を求めているのかもしれません。したがって診断や占いなどのように、いちおうのロジックはあるものの、自分の範疇にない論理で自分を分析されることに抵抗があるのでしょう。

反対に女性は共感を得られるものを好む傾向にあり、診断や占いで出た結果に対し、共感できるポイントを見つけて楽しむことができます。また、結果などについてもシェアすることで、友人と楽しさを共有することができます。

もちろん、これにハマらない男性や女性も多くいることは事実です。あくまでわたしのこれまでのデータとその推測になりますので、あしからず(笑)

今や、男性や女性というものを型にはめて考えることはナンセンスなものになってきています。しかし、これまで蓄積されたデータというものはその嗜好を幾分かは映し出しているはず。ある程度の考えの基礎を持った上でチューニングを行ったほうがコンテンツの精度は上がると思いますので、ぜひお役立てください。

The following two tabs change content below.

米澤 信弘

株式会社ライトアップでメールマーケティング施策やコンテンツ制作のプロデュースを担当しています。愛読書は北方健三先生の大水滸シリーズです。

Comments are closed.

Scroll To Top