メルマガでクリック率を落とさないための3つのポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガはクリック率が命!

今回も前回に引き続き、メルマガが成功しているかどうかを見極める重要な指標についてお話したいと思います。今回のテーマは「クリック率」。開封率はまずメールを開いて中身を読んでくれたかどうかを測るものですが、クリック率は実際に読んだユーザが、どれくらい行動を起こしてくれたかを測る指標。メルマガの目的を果たしたかどうかがわかる最も重要な指標といっていいでしょう。そんな大事なクリック率を維持するためのポイントについてご紹介したいと思います。

メルマガの指標:開封率とクリック率の目安

クリック率は、送るメール数の中で、どれだけのユーザがメール内にあるリンクをクリックしたかという割合のことです。

ここで、一般的な開封率とクリック率の目安を確認しましょう。

数百でも数千でも一斉送信のできる便利なメール。しかし、送ったからといって、そのすべてが開封されるわけではありません。

・開封率  14.79%(※)

算出式 メール開封数 ÷ メールの有効配信数 ✖100

※一般的には、10~20%あたりが目安とされているようです。

・クリック率 6.99%(※)

算出式 メールクリック率 ÷ メール内でのクリック数 ✖100

※一般的には、有効配信数に対して10%以下、6~7%が目安となります。

開封率やクリック率の平均値は、ユーザの属性やメルマガの業界・分野・ジャンルによって変動しますが、クリック率が開封率を上回ることはないことは明白です。開封率を上げるための、件名の工夫や配信タイミング(曜日や時間帯)の調整も求められます。

※参考
https://knowledgebase.constantcontact.com/articles/KnowledgeBase/5409-average-industry-rates?lang=en_US

クリック率を保つための3つのポイントとは?

メルマガで「クリック率が低い」とは、いったいどのような状態なのでしょうか?先に述べたように、クリック率は実際にメルマガを開いたユーザがどれだけメルマガ内のリンクをクリックしたかによって計測されます。つまり「クリック率が低い」という状態は、理由はどうあれ、ユーザがメルマガに興味を持てないでいる、もしくはメルマガを見ても、どう行動していいかがわからない状況にあるということ。

では、ユーザが行動を起こしやすく、興味を持てるメルマガにするにはどのような点に気をつければよいのでしょうか?今回はそのポイントを3つに分けて紹介していきたいと思います。

1:ユーザに伝えたいことが明確であるか

ユーザにメルマガを送る、ということは、そのメールを見て、ユーザにとってもらいたい行動があるはずです。それは会員登録であったり、問い合わせであったり、あるいは購入であったり、または単純に楽しんでもらいたいなど、メルマガの種類に寄っても異なりますが、いわばそのメルマガの本質のようなもの。

ところが長くメルマガを送信していくと、本来目的としていたテーマ以外のものも、徐々に盛り込まれてきたりすることがあります。特に好調であればあるほど、周りから追加の要望が盛り込まれてしまうことも多くなります。

あなたのメルマガはどうですか?知らないうちになんのメルマガかわからなくなってないでしょうか?ユーザが迷わないようにテーマのデトックスは定期的に行うようにしましょう!

2:情報量は適切か

1の目的の明確化とも重なるものがありますが、メルマガにおいて情報量は重要な要素です。ユーザからすれば何回もスクロールしなければ見きれないメルマガはストレスでしかありません。序盤の部分しかクリックされなかったり、最悪の場合、早々に離脱されてしまうことになります。訴求する内容がバラバラで、しかも長い…なんてことになれば、これではユーザも離れてしまいますよね。

また、全体が短くても、文字がギッシリ詰まったメルマガはユーザから避けられがち。一センテンスは短めにして、適度に改行を入れ、スッキリとした文面を作るようにしましょう。

メルマガの基本は、「短く、簡潔に」!この部分をしっかりと意識しましょう。

3:ユーザフレンドリーなデザイン

デザインというと身構えてしまう人もいるかもしれませんが、要はクリックできる場所、見るべき場所を明確にするということです。たとえば信号や、非常口などのように、世の中にも場所や目的を示すアイコンなどがあふれています。それらのように、メルマガユーザをゴールまで導くデザインがクリック率を落とさないためには重要です。

特にクリックをさせたい部分は直前に改行を入れるなど、目立たせる工夫が必要です。メルマガを見ても、その他の部分に埋もれてクリックする場所がわからない、なんてことになってないか、しっかりチェックしましょう。また、CTAボタンの活用もおすすめです。

簡潔でシンプルな見た目にすることで、伝えたいポイントがしっかり伝わり、かつ読みやすくなります。

HTML形式であれば、文章の一部を画像で表現するのも効果的です。一画面内で文章より多くの情報を盛り込めると同時に、ユーザの読む負荷も下がります。

ユーザがメルマガを見るデバイスはさまざまです。レスポンシブ対応にしてどのデバイスでも読みやすいようにしておきましょう。興味・関心の高いユーザの中には、スマホで見たあとに、あらためてPCで見てくれる人もいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?クリック率はメルマガを送っている理由の本質を問う指標です。このクリック率が下がってしまうことはある意味、開封率以上に深刻な状況になっていると言えるでしょう。ユーザになにを見てほしいのか、なにをしてほしいのか、もう一度、ユーザ視点に立ち返って検討してみましょう。

企業からユーザ、企業から企業と相手は異なりますが、メルマガもひとつのメール=手紙です。手紙はいかに気持ちを伝えるかが重要なものですので、今回のポイントを抑え、しっかりと気持ちが伝わるメールを作っていきましょう!

次回はさらにクリック率について突っ込んで、クリック率を上げるための施策についてご紹介していきたいと思います。

The following two tabs change content below.

米澤 信弘

株式会社ライトアップでメールマーケティング施策やコンテンツ制作のプロデュースを担当しています。愛読書は北方健三先生の大水滸シリーズです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するおすすめ記事

お役立ち資料