メールマーケティングラボは、メールを使ったコミュニケーション、メールマーケティングの効果をあげるための様々な情報を発信します。
読者が次回も開封したくなる!「ウケるメルマガ」の作り方<前編>

読者が次回も開封したくなる!「ウケるメルマガ」の作り方<前編>

読めばスッキリ!リピーターを作り出すメール・マーケティング

いちどウケれば読者の見る目が変わる!?

前回は、メルマガの長さについてお話ししました。
読者がついつい読んじゃう「長さの法則」について、数字で具体的にご説明したので、すぐにお試しいただけたのではないでしょうか?

「長さ」は、アナタが配信したメルマガの“ワールド”にスッと入ってもらうために、とても重要な要素のひとつ。知っているか知らないかで差が出ますから、ぜひ取り入れてくださいね!

さて、今回はさらに上を行く実践編。
ズバリ「ウケるメルマガの作り方」です。

メルマガに限らず、だれかに「ウケる」ってすごく難しいことですよね。
営業職である私は、「お客様のエンターテイナーたれ!」と自身に言い聞かせ、ウケを狙ってトークを繰り出すも撃沈する日々(笑)。

それでもときどき、僕の話にハマってくださるお客様もいます(いやホントに)。そういうお客様とは、Win-Winの関係になれる良いお付き合いが長く続くことが多いです(ホントですってば!)。

メルマガも同じこと。いちどウケたら、次からはちょっと心を開いてくれるようになります。たくさん届くメルマガの中で別扱いをしてくれるようになり、ぜひとも見てもらいたい情報を認識してもらいやすくなります。

営業トークは出たとこ勝負の部分もあるのですが、「このネタなら鉄板で食いついてくれる!」というものもあるものです。メルマガの場合も、読者層にフィットした「鉄板ネタ」を持っているかどうかが、「ウケる」か「ウケない」かの境目になります。

さあ、アナタのメルマガの長所を活かした「鉄板ネタ」はなんでしょうか?
「思い浮かばない…」という方のために<前編><後編>2回にわたって「ウケるメルマガの作り方」をお届けします!

鉄板でウケるネタ放出!男性読者に意外に効く「○○ネタ」とは?

メルマガの種類によってウケがいい内容は異なりますが、ある程度どの読者にも通じる「鉄板ネタ」も存在します。ざっくりした属性わけさえできれば、ひとりひとりの趣味嗜好が違っても、ある程度の引きが期待できると思います。
「なにがウケるかわからない」という方は、まずはコレで読者の反応を試してはいかがでしょうか。

【女性読者の鉄板ネタ】

ファッション、コスメ活用術、グルメ紹介、恋愛、メンタルケア

★POINT…新しさ、自分磨き、幸福感を得られるものへの引きが強い

【主婦読者の鉄板ネタ】

レシピ、お金(家計、保険、貯蓄など)、育児、悩み相談、懸賞、在宅ワーク

★POINT…家計を助けるもの、お得になるものへの引きが強い

【男性読者メインのメルマガ】

ビジネスマナー、ガジェット系ニュース、格言、戦国武将モノ

★POINT…知識欲を満たすもの、自己啓発につながるものへの引きが強い

【学生、若者読者メインのメルマガ】

占い、懸賞、参加型ゲーム、動画、エンターテイメント(映画、テレビ、マンガなど)

★POINT…スキマ時間を埋めるもの、単純に「おもしろそう!」と感じられることへの引きが強い

ピンと来るもの、使えそうなものはありましたでしょうか。

女性の場合、男性と比べて自己否定感や不安感が強いと言われています。そのためか、「自分だけ知らないのでは!?」とか、「このままではイケナイ」といった焦りの心理を刺激するものは、とくに反響が大きい気がします。恋愛や子育て、夫婦関係など、人の悩みへの共感性が強いのも、女性ならではですね。

また、上記でご紹介したアレコレのなかで、男性の「戦国武将」だけやけにマニアックですが(笑)、私の経験則では鉄板ネタ。「戦国武将に学ぶビジネス戦略!」とか「3分で語れるようになる!桶狭間の戦い」なんていうキーワードを見ると、男ゴコロが非常にくすぐられるようです。時事にも敏感なので、大河ドラマの主人公から派生させたビジネスコラムなんかは、特におすすめですよ。

いかがでしたか?

今回はわりと一般論的なお話でしたので、次回の<後編>では、もう少しパーソナリティ感のある「ウケるメルマガの作り方」に踏み込んでみたいと思います。

読めばスッキリ!リピーターを作り出すメール・マーケティングのバックナンバーはこちら





ECリピーター獲得のためのメルマガ改善ガイド



The following two tabs change content below.

NOBUHIRO YONEZAWA

株式会社ライトアップでメールマーケティング施策やコンテンツ制作のプロデュースを担当しています。愛読書は北方健三先生の大水滸シリーズです。

Comments are closed.

Scroll To Top